新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オライリー・ジャパン、電子工作のはんだ付け入門書「ハンダづけをはじめよう」発行

オーム社は、オライリー・ジャパンが発行する電子工作初心者を対象にしたはんだ付け入門書「ハンダづけをはじめよう」を、2018年8月10日に発売する。

本書は、エレクトロニクスやロボット製作などを学ぶ高校生、高専生、大学生など、電子工作の初心者を対象としたはんだ付けの入門書だ。

はんだ付けとは何かから始まり、必要な道具や材料、はんだごての選び方、はんだ付けの基本の説明の後、はんだ付けに失敗した際のリカバリー方法や、表面実装部品など上級向けのはんだ付けについても解説する。日本語版ではテクノ手芸部によるオリジナル作例「紙箱で作るハンダの煙吸い取り器」と「暗くなるとほんのり光る小さなライト」が収録される。

著者はMarc de Vinck氏で、監訳がテクノ手芸部、翻訳は鈴木英倫子氏。A5判156ページで定価は1512円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る