新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オライリー・ジャパン、電子工作のはんだ付け入門書「ハンダづけをはじめよう」発行

オーム社は、オライリー・ジャパンが発行する電子工作初心者を対象にしたはんだ付け入門書「ハンダづけをはじめよう」を、2018年8月10日に発売する。

本書は、エレクトロニクスやロボット製作などを学ぶ高校生、高専生、大学生など、電子工作の初心者を対象としたはんだ付けの入門書だ。

はんだ付けとは何かから始まり、必要な道具や材料、はんだごての選び方、はんだ付けの基本の説明の後、はんだ付けに失敗した際のリカバリー方法や、表面実装部品など上級向けのはんだ付けについても解説する。日本語版ではテクノ手芸部によるオリジナル作例「紙箱で作るハンダの煙吸い取り器」と「暗くなるとほんのり光る小さなライト」が収録される。

著者はMarc de Vinck氏で、監訳がテクノ手芸部、翻訳は鈴木英倫子氏。A5判156ページで定価は1512円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る