新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」

スマートウォッチ「GLIGO」が、makuakeにて注目を集めている。

GLIGOはアナログ腕時計の質感を基調としており、文字盤には必要な機能だけを集約している。

インクスクリーンと日本製のクォーツムーブメントを採用。インクスクリーンは液晶ディスプレイとは違い、紙と同じように反射光を利用して表示するため、直射日光下でも視認性が高く、目への負担が少ない。右下のボタンで、状況や好みに応じて文字盤スクリーンをホワイト/ブラックに変えることができる。

また、バッテリー持続時間が非常に長いのも大きな特徴だ。

クォーツムーブメントとインクスクリーンのデュアルコア設計を採用しており、クォーツムーブメントは最大2年間無充電で使用可能、インクスクリーンは1回のフル充電につき最大30日間の持続利用が可能だという。

スマホアプリと連動することで、心拍数測定や歩数カウント、消費カロリー計算や移動距離測定、さらにはヘルスケア機能など、さまざまな計測機能を利用できる。

スケジュール機能を利用する場合、文字盤には予定を入れた時間帯にリマインドバーが表示される。どの時間帯に予定を入れているかは、文字盤を見るだけで一目瞭然だ。もちろん、リマインダー機能も搭載されている。

文字盤の直径は41mm、本体重量は約46gと軽量だ。軽さを維持しながら耐久性を向上させるため、本体の素材には316Lスチールを採用している。また、生活防水(水深30mまで)にも対応している。

一般販売予定価格は2万2000円。makuakeでは、早割価格として45%オフとなる1万2000円で購入できるプランなどを用意している(各税込)。

目標価格50万円に対し、2018年8月13日の時点で目標額を大きく上回る1300万円以上を集めている。発送は同年10月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る