新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」

オープンソースのArduino Zero互換マイコンモジュール「Tachyon(タキオン)」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

photo

Tachyonは、以前fabcrossで紹介した「Neutrino 3.0」の後継機といえる製品だ。Neutrino 3.0は、Arduino互換ボードでよく使われるCortex-M10+コアの「ATSAMD21」を搭載しているが、Tachyonでは単精度のFPU(浮動小数点ユニット)を備えるCortex-M4Fコアの「ATSAMD51」を採用している。クロック周波数が48MHzから120MHzへ、SRAM容量が32KBから128KBへと強化されているので、高い計算能力が求められるアプリケーション用途に適している。

photo

基板サイズはNeutrino 3.0と同じ36×18mm。Tachyonはオープンソースハードウェアで、CADファイルと回路図が公開される。また、プログラムの書き込みはUSB経由で可能だが、ブートローダーなどファームの書き換えにはAtmel ICEが利用できる。

photo ブートローダーなどの書き換えにはAtmel ICEが利用できる。

Tachyonの価格は、20ドル(約2200円) 。出荷は2018年10月の予定で、日本への送料は5ドル(約550円)だ。

Tachyonは2018年8月30日までクラウドファンディングを実施。2018年8月10日時点で目標の5000ドル(約55万円)に対して、約3300ドル(約36万3000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る