新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロモダンなタイプライター風デザインのBluetoothキーボード「Rymek」

メカニカルタイプスイッチを採用し、1950年代のタイプライターをイメージしたレトロモダンデザインのBluetoothキーボード「Rymek(ライメク)」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

Rymekは、キータッチに優れたメカニカルキーを採用したBluetoothキーボード。スイッチはメカニカルタイプのGateron BlueスイッチとCherry MX Blueスイッチをセレクトでき、静音タイプのCherry MX Brownも選べる。Bluetooth 3.0に対応しており、iOS、Android、macOS、Windowsにて使用できる。3つのデバイスを切り替えて利用できるマルチデバイス対応で、USBでの有線接続もできる。

photo

キートップには人間工学に基づいたというサドル型のデザインを採用し、キー配列はスタンダードポジションから快適に操作できるように配置されているという。PC+ABS素材にプライマー塗装、ペイント塗装、ピアノ塗装の3層のスプレー塗装を施している。

photo

本体の素材はABSを採用。背面にはタブレットなどが立てかけられるメタルスタンドを備える。手動式タイプライターから発想を得たというスクロールノブを搭載し、ボリュームコントロールやオン/オフスイッチなどとして利用できる。特徴的なバックライトは、5段階の輝度レベルと7つの照明エフェクトなどを選択することができる。

photo クラッシーブラック

リチウム2000mAhバッテリーを搭載し、最長で50時間の使用が可能だ。本体サイズは360×190×70mm、重量が1300g。クラッシーブラックとキャラメルホワイトの2色展開で、本体の他にマイクロUSBケーブル、スタンド、ハンドルバー、ユーザーガイドが付属する。

photo キャラメルホワイト

リターンおよび支援コースには、【先着100名様限定50%OFF】Rymekキーボード(Gateronスイッチ)×1台が1万5850円、【先着100名様限定50%OFF】Rymekキーボード(Cherry MXスイッチ)1台が1万8750円(いずれも税込)などが用意されている。製品出荷は2018年11月の予定だ。

目標額20万円のところ、2018年8月15日現在190万円以上の支援を集めており、すでにプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る