新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロモダンなタイプライター風デザインのBluetoothキーボード「Rymek」

メカニカルタイプスイッチを採用し、1950年代のタイプライターをイメージしたレトロモダンデザインのBluetoothキーボード「Rymek(ライメク)」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

Rymekは、キータッチに優れたメカニカルキーを採用したBluetoothキーボード。スイッチはメカニカルタイプのGateron BlueスイッチとCherry MX Blueスイッチをセレクトでき、静音タイプのCherry MX Brownも選べる。Bluetooth 3.0に対応しており、iOS、Android、macOS、Windowsにて使用できる。3つのデバイスを切り替えて利用できるマルチデバイス対応で、USBでの有線接続もできる。

photo

キートップには人間工学に基づいたというサドル型のデザインを採用し、キー配列はスタンダードポジションから快適に操作できるように配置されているという。PC+ABS素材にプライマー塗装、ペイント塗装、ピアノ塗装の3層のスプレー塗装を施している。

photo

本体の素材はABSを採用。背面にはタブレットなどが立てかけられるメタルスタンドを備える。手動式タイプライターから発想を得たというスクロールノブを搭載し、ボリュームコントロールやオン/オフスイッチなどとして利用できる。特徴的なバックライトは、5段階の輝度レベルと7つの照明エフェクトなどを選択することができる。

photo クラッシーブラック

リチウム2000mAhバッテリーを搭載し、最長で50時間の使用が可能だ。本体サイズは360×190×70mm、重量が1300g。クラッシーブラックとキャラメルホワイトの2色展開で、本体の他にマイクロUSBケーブル、スタンド、ハンドルバー、ユーザーガイドが付属する。

photo キャラメルホワイト

リターンおよび支援コースには、【先着100名様限定50%OFF】Rymekキーボード(Gateronスイッチ)×1台が1万5850円、【先着100名様限定50%OFF】Rymekキーボード(Cherry MXスイッチ)1台が1万8750円(いずれも税込)などが用意されている。製品出荷は2018年11月の予定だ。

目標額20万円のところ、2018年8月15日現在190万円以上の支援を集めており、すでにプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る