新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ニキシー管で温度計を作ろう——屋内用ニキシー管温度計キット「NixieTherm」

屋内用ニキシー管温度計キット「NixieTherm」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

NixieThermは、バーグラフ型ニキシー管「IN-13」を採用した温度計。ニキシー管の発光色と、ベース部に組み込んだRGB LEDの発光カラーが融合し、多彩な発光パターンで温度計を彩る。

photo

IN-13は旧ソビエト連邦製のニキシー管で、デッドストックの未使用品を搭載する。組み立てキットと完成済みタイプを用意しており、基板にはSMD部品は搭載済みだが、スルーホール部品のはんだ付けが必要になる。組み立てマニュアルがダウンロードでき、約2時間で組み立てられるとしている。 

photo

電源は5Vで消費電力は50~250mA、給電はUSBケーブルを使用する。温度センサーは「LM35DZ」を採用しており、正確な温度測定が可能。温度表示の範囲は、摂氏14~33度/華氏57~92度だ。

NixieThermの組み立てキットは79ユーロ(約1万円)、組み立て済みタイプは99ユーロ(約1万2500円)で提供する。2018年10月の出荷を予定しており、日本への送料は6ユーロ(約757円)だ。

NixieThermはKickstarterにて、2018年9月15日までクラウドファンディングを実施中。8月20日時点で、2500ユーロ(約32万円)の目標額に対して約1300ユーロ(約16万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る