新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高解像度で低価格——光造形方式デスクトップ3Dプリンター「SparkMaker FHD」

低価格で高解像度のSLA(光造形)方式デスクトップ3Dプリンター「SparkMaker FHD」がKickstarterに登場し、人気を博している。

SparkMaker FHD

SparkMaker FHDは、以前fabcrossで紹介した「SparkMaker」の改良版だ。SparkMakerは、2万円以下という低価格のLCD SLA方式デスクトップ3Dプリンター。2017年7月~9月に行われたクラウドファンディングで目標額の25倍を超える51万ドル(約5600万円)を集め、5000台以上の販売実績を誇る製品だ。

SparkMaker FHDでは、LCDがフルHD(1080p)に変わり、XY解像度は100μmから57μmへと大幅に向上している。

SparkMaker FHD

SparkMaker FHDの本体サイズは直径170×高さ275mm。第1世代であるSparkMakerと本体サイズは変わらないが、造形サイズは56×102×125mmから61.8×110×125mmへと拡大されている。造形速度も毎時20~25mmと向上している。

SparkMaker FHD

レジンの種類も4種類増え、着色剤を使いカラフルに色を変えられる「LCD-Q」、彫刻用の「LCD-G」、高耐熱性(最高耐熱温度320℃)の「LCD-H」、模型制作に最適な高硬度の「LCD-MG」が新たに加わった。

SparkMaker FHD

SparkMaker FHDの早期割引価格は、249ドル(約2万8000円)。出荷は2018年11月の予定で、日本への送料は40ドル(約4400円)だ。

また、SparkMakerからSparkMaker FHDへのアップグレードキットも99ドル(約1万1000円)で用意されている。日本への送料は20ドル(約2200円)だ。

SparkMaker FHD アップグレードキット

レジン(500gボトル)は別売で、LCD-G/Q/MGが各65ドル(約7200円)、LCD-Hが89ドル(約9900円)。送料は8本まで無料で、9本以上注文する場合は1本超過するごとに15ドル(約1700円)加算となる。同じく別売の着色剤5色セットは39ドル(約4300円)、送料は無料だ。

SparkMaker FHDは、2018年9月26日までクラウドファンディングを実施。キャンペーン開始からわずか30分で目標の5万ドル(約550万円)を達成し、2018年8月24日時点で目標額の4倍以上に当たる約22万ドル(約2400万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る