新しいものづくりがわかるメディア

RSS


音声メッセージも保存可能——曲に合わせてダンスするトイロボット「Dancebot」

音楽に合わせて可愛らしく踊るロボット「Dancebot」がKickstarterに登場し、わずか2時間で目標額を達成するほど人気を集めている。

Dancebot

Dancebotは、内蔵スピーカーから流れる曲に合わせて人間のように脚や腰に当たる部分を動かして踊るトイロボット。脚でタップを踏むように動いたりアップビートな曲に合わせてステップを踏んだりして踊ることができる。

巧みなフットワークの秘密は、各脚に搭載している2つのモーター。それぞれ360度の回転が可能で、4つの関節部でさまざまな動きができる。4つの関節部で可能な動き方は全てプログラムされており、Dancebodのアルゴリズムがその場で動きを決定して踊るので、同じ曲でもその時々で違うダンスをすることができる。

Dancebot

Dancebotは5Wスピーカーを搭載しており、スマートフォンなどとBluetooth接続するとすぐに、音楽を聴きながらDancebotのダンスを楽しめる。また、音声メッセージ保存機能もあり、大切な人に音声メッセージを送ることもできる。

Dancebot

Dancebotの早期割引価格は、44ドル(約4900円)。出荷は2018年10月の予定で、送料は無料だ。なお、別料金でDancebot起動時に流れる音声メッセージを自分で録音した音声に設定できるが、Kickstarterでのキャンペーン中に限り、特別価格12ドル(約1300円)で設定してもらえる。対応ファイルはMP3形式で、6秒以内。キャンペーン終了後にクリエイターが音声ファイルについて依頼メールを送るという。

Dancebotは2018年9月21日までクラウドファンディングを実施するが、2018年8月27日時点で目標の1万ドル(約110万円)を上回る約1万4000ドル(約160万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る