新しいものづくりがわかるメディア

RSS


回転数計測やサーボ制御に——Raspberry Pi用絶縁型パルス入出力ボード「RPi-GP90」

ラトックシステムは、Raspberry PiのGPIOに接続する絶縁型パルス入出力ボード「RPi-GP90」を、2018年8月末日に出荷開始する。

photo

RPi-GP90は、16chのPWM出力と4chのパルス入出力を搭載し、サーボの制御や周波数、パルス幅、デューティ比などの計測ができる拡張ボードだ。

photo

パルス入出力は4ch/16bitで、加算カウンタや減算カウンタ、アップダウンカウンタ、位相カウンタ、周期測定、パルス幅測定、ワンショット出力、矩形波出力の8種類の機能設定が可能だ。また、PWM出力は16ch、12bitでNXP PCA9685を使用している。同社ではRaspberry Pi向けにサンプルソースやガイドも公開している。

また、PWM出力/パルス入出力側とGPIO 40PINの間に、デジタルアイソレータを入れて電気的に絶縁しているのも特徴だ。フォトカプラと比較し、より低消費電力(=低発熱)で高速で動作するもので、絶縁耐圧は2.5kVだ。

RPi-GP90はHATサイズ(65×56.5mm)で重量は約23g。標準価格は2万8944円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る