新しいものづくりがわかるメディア

RSS


回転数計測やサーボ制御に——Raspberry Pi用絶縁型パルス入出力ボード「RPi-GP90」

ラトックシステムは、Raspberry PiのGPIOに接続する絶縁型パルス入出力ボード「RPi-GP90」を、2018年8月末日に出荷開始する。

photo

RPi-GP90は、16chのPWM出力と4chのパルス入出力を搭載し、サーボの制御や周波数、パルス幅、デューティ比などの計測ができる拡張ボードだ。

photo

パルス入出力は4ch/16bitで、加算カウンタや減算カウンタ、アップダウンカウンタ、位相カウンタ、周期測定、パルス幅測定、ワンショット出力、矩形波出力の8種類の機能設定が可能だ。また、PWM出力は16ch、12bitでNXP PCA9685を使用している。同社ではRaspberry Pi向けにサンプルソースやガイドも公開している。

また、PWM出力/パルス入出力側とGPIO 40PINの間に、デジタルアイソレータを入れて電気的に絶縁しているのも特徴だ。フォトカプラと比較し、より低消費電力(=低発熱)で高速で動作するもので、絶縁耐圧は2.5kVだ。

RPi-GP90はHATサイズ(65×56.5mm)で重量は約23g。標準価格は2万8944円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Set第2弾——RSコンポーネンツ、カメラやディスプレイなどをセットにした「Autumn Set」5種類を発売
  2. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  3. ハードウェアこそが日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. micro:bitでロボットプログラミング——モジュラー式組み立てロボットキット「Qdee Robot Kit」
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  8. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る