新しいものづくりがわかるメディア

RSS


回転数計測やサーボ制御に——Raspberry Pi用絶縁型パルス入出力ボード「RPi-GP90」

ラトックシステムは、Raspberry PiのGPIOに接続する絶縁型パルス入出力ボード「RPi-GP90」を、2018年8月末日に出荷開始する。

photo

RPi-GP90は、16chのPWM出力と4chのパルス入出力を搭載し、サーボの制御や周波数、パルス幅、デューティ比などの計測ができる拡張ボードだ。

photo

パルス入出力は4ch/16bitで、加算カウンタや減算カウンタ、アップダウンカウンタ、位相カウンタ、周期測定、パルス幅測定、ワンショット出力、矩形波出力の8種類の機能設定が可能だ。また、PWM出力は16ch、12bitでNXP PCA9685を使用している。同社ではRaspberry Pi向けにサンプルソースやガイドも公開している。

また、PWM出力/パルス入出力側とGPIO 40PINの間に、デジタルアイソレータを入れて電気的に絶縁しているのも特徴だ。フォトカプラと比較し、より低消費電力(=低発熱)で高速で動作するもので、絶縁耐圧は2.5kVだ。

RPi-GP90はHATサイズ(65×56.5mm)で重量は約23g。標準価格は2万8944円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る