新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」

photo

焙煎野郎は、独自の熱源をもたず、単純なメッシュのドラムを回転させる方式の焙煎機。スピードコントローラーを備えており、50g程度の少量の焙煎にも対応している。同梱されている焙煎チャートを参考に、本体が乗るサイズの秤があれば正確に焙煎することができる。

ガスコンロやカセットコンロ、アウトドア用コンロなどさまざまな熱源を使って、飲みたい時に飲みたい場所で生豆を焙煎し、香り高いコーヒーを楽しむことができる。

本体はステンレス製で、本体サイズは228×360×160mm(突起部除く)、接地面サイズが163×160mm。最大で500gの焙煎ができる。本体の他にACアダプターと革手袋が付属する。

Makuakeでの目標金額は、All in形式の50万円。リターンおよび支援コースは、【MAKUAKE限定20%OFF】焙煎機+生豆+焙煎チャートのセットで4万円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る