新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フルカラーで照度も変えられるLEDテープ——AIスピーカーと連携可能なスマートLEDライト「Aurora」

スマートLEDライトテープ「Aurora」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

Auroraは最長10メートルまで延長でき、フレキシブルな素材なため簡単に曲げたり形を変えたりできるLEDテープ。1600万色以上のRGBフルカラーLEDを採用しており、家具や階段、壁などを照らして部屋のムードを演出できる。

photo

Wi-Fi経由でスマートフォンアプリから調光や発光色の設定などを操作が可能だ。他にも、音楽のリズムやメロディーに合わせて明るさや色を変える機能や、目覚ましの設定時間に近づくと徐々に明るくして起こしてくれるアラーム機能、設定時間にオン/オフができるタイマー機能などを備える。

photo

Googleアシスタント、Alexa、IFTTT、MIJIAをサポートしているためスマートホームデバイスとして利用でき、APIは公開されているので独自アプリの開発も可能だ。LEDテープ1mにつき24個のLEDを配置し、接着面には経年劣化が少ないポリウレタン系接着剤が施されている。

photo

Auroraには、全長3m(2m+延長1m)の「Trial Kit」、全長6m(2m×2+延長1m×2)の「Mini Kit」、全長10m(2m×2+延長1m×6)の「Room Kit」、全長20m(2m×4+延長1m×12)の「Family Kit」の4タイプがあり、いまなら数量限定の早割価格49ドル(約5500円)/94ドル(約1万500円)/139ドル(約1万5500円)/269ドル(約2万9900円)で入手できる。いずれも2018年10月の出荷を予定しており、送料は10ドル(約1110円)/10ドル(約1110円)/15ドル(約1670円)/25ドル(約2780円)だ。

photo

AuroraはIndiegogoにて、2018年10月中旬までクラウドファンディングを実施中。9月13日時点で、1万ドル(約111万円)の目標額を大きく上回る約4万3000ドル(約478万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る