新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売

Raspberry Pi 3 Model B+専用のPoE(Power over Ethernet)用拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」(PoE HAT)の国内販売が始まった。

PoEとは、1本のイーサネットケーブルで電力供給と通信が可能な規格で、IEEE802.3afとして標準化されたものだ。例えばIoTシステムのセンサー端末としてRaspberry Piを使用するとき、近くに電源コンセントがないなど電源工事が必要な場合もある。今回発売されたPoE HATを用いることで、カテゴリ5以上のイーサネットケーブルを使って最大2.5Aの電流供給が可能だ。

photo

専用スペーサーを介してRaspberry Pi 3 Model B+にスタッキングし、入力電圧36~56 V、出力電圧5 Vの完全絶縁スイッチモード電源として利用できる。またRaspberry Piの冷却用に25×25mmのブラシレスファンも搭載している。

Raspberry Pi PoE HATは、アールエスコンポーネンツ、スイッチサイエンスなどから購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る