新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売

Raspberry Pi 3 Model B+専用のPoE(Power over Ethernet)用拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」(PoE HAT)の国内販売が始まった。

PoEとは、1本のイーサネットケーブルで電力供給と通信が可能な規格で、IEEE802.3afとして標準化されたものだ。例えばIoTシステムのセンサー端末としてRaspberry Piを使用するとき、近くに電源コンセントがないなど電源工事が必要な場合もある。今回発売されたPoE HATを用いることで、カテゴリ5以上のイーサネットケーブルを使って最大2.5Aの電流供給が可能だ。

photo

専用スペーサーを介してRaspberry Pi 3 Model B+にスタッキングし、入力電圧36~56 V、出力電圧5 Vの完全絶縁スイッチモード電源として利用できる。またRaspberry Piの冷却用に25×25mmのブラシレスファンも搭載している。

Raspberry Pi PoE HATは、アールエスコンポーネンツ、スイッチサイエンスなどから購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る