新しいものづくりがわかるメディア

RSS


くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」

ペン回しにこだわったボールペン「Gyro(ジャイロ)」が、Makuakeにて出資を募っている。

Gyroは最高のペン回し体験を実現するために、職人の手によって作られたこだわりのボールペンだ。

開発元の湯本電機は30年間培ってきた切削加工技術を応用し、究極の回し心地を体感できるボールペンの製作に挑戦している。

設計部門が最適な重量バランスを計算して作った図面を、製造部門が全ての寸法をμm単位(0.001mm)で忠実に作り込み、検査部門が完成品の重量/寸法/外観をμm単位でチェックするという徹底ぶりだ。

重量/形状ともに左右対称構造を採用。通常のボールペンは左右非対称な形状なため片側からしか回せないが、Gyroはどちらからでもスムーズに制限されることなくトリックに発展させられる。

また、独自のスリットクリップシステムを採用しているため、クリップによってペン回しが阻害されることなく、トリックの制限もない。

人間工学と黄金比を取り入れることで、本能的に美しいと感じるデザイン、卓越した書き心地も兼ね備えているという。

サイズは146mm、最大径は13mm。素材にはA7075(超々ジュラルミン)を採用している。市販の交換用インクを使用できる。

一般販売予定価格は1万3000円(税込)。Makuakeでは、20%オフとなる1万400円(税込)で購入できるプランなどを用意している。

目標額の20万円はクラウドファンディング開始後わずか1時間で達成しており、2018年9月14日現在で目標額の3倍以上となる約70万円を調達している。出荷は同年12月~2019年2月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る