新しいものづくりがわかるメディア

RSS


くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」

ペン回しにこだわったボールペン「Gyro(ジャイロ)」が、Makuakeにて出資を募っている。

Gyroは最高のペン回し体験を実現するために、職人の手によって作られたこだわりのボールペンだ。

開発元の湯本電機は30年間培ってきた切削加工技術を応用し、究極の回し心地を体感できるボールペンの製作に挑戦している。

設計部門が最適な重量バランスを計算して作った図面を、製造部門が全ての寸法をμm単位(0.001mm)で忠実に作り込み、検査部門が完成品の重量/寸法/外観をμm単位でチェックするという徹底ぶりだ。

重量/形状ともに左右対称構造を採用。通常のボールペンは左右非対称な形状なため片側からしか回せないが、Gyroはどちらからでもスムーズに制限されることなくトリックに発展させられる。

また、独自のスリットクリップシステムを採用しているため、クリップによってペン回しが阻害されることなく、トリックの制限もない。

人間工学と黄金比を取り入れることで、本能的に美しいと感じるデザイン、卓越した書き心地も兼ね備えているという。

サイズは146mm、最大径は13mm。素材にはA7075(超々ジュラルミン)を採用している。市販の交換用インクを使用できる。

一般販売予定価格は1万3000円(税込)。Makuakeでは、20%オフとなる1万400円(税込)で購入できるプランなどを用意している。

目標額の20万円はクラウドファンディング開始後わずか1時間で達成しており、2018年9月14日現在で目標額の3倍以上となる約70万円を調達している。出荷は同年12月~2019年2月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る