新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

スイッチサイエンスはウェアラブル端末開発プラットフォーム「watchX」を、同社Webショップにて発売した。

watchXは、ウェアラブル端末の開発に適した組み立てキットだ。 メインボードにOLEDディスプレイ(1.3インチ、128×64)、リチウム電池、バンドを取り付け、腕時計型のウェアラブルプラットフォームとしてさまざまなウェアラブルデバイスを作成できる。

開発環境はArduino IDE/Scratch/Atmel Studioに対応しており、プログラミング/充電用のmicroUSBポートも用意されている。

メインボードには基本的な腕時計の機能としてブザー、リアルタイムクロックの他、三つのボタンを実装。気圧/温度、加速度/ジャイロ、地磁気センサーを搭載しており、さまざまな数値や活動内容を計測できる。Bluetooth通信モジュールも搭載しているため、スマートフォンなどのデバイスとの連携も可能だ。

なお防水には非対応だ。ケースが必要な場合、Web上で公開されているCADデータをダウンロードし、3Dプリントで製作できる。

価格は1万692円(税込)。スイッチサイエンスの商品販売ページではユーザーマニュアルやライブラリ、サンプルコードなどのダウンロードサイトの他、組み立て方法についてのブログ記事も紹介している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る