新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンター「MacroMAKEiT」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

MacroMAKEiTは、最大610×1400×800mmの大型造形ができる3Dプリンター組み立てキット。シリコンケーブル、アルミニウム製ホットベッド、高精度ベアリングなど高品質な部品を採用し、造形エリアを密閉できる構造ながら、同等モデルの3Dプリンターより価格を抑えている。

photo

MacroMAKEiTは、初心者でも簡単に組み立てと操作ができるよう、インストラクションビデオを用意している。本体には、取り外し可能なインダクティブ充電式10インチタッチスクリーンタブレットやリモートモニタリング用ウェブカム、フィラメント切れ検知センサーなどを搭載。Wi-Fi通信に対応し、ワイヤレス操作が可能だ。

photo

ノズル温度は275度、ヒーテッドベッドは80度で、1.75mm径または3mm径フィラメント用エクストルーダーを選択できる他、メッシュベースのオートレベリング機能も備える。市販のフィラメントにはほぼ対応可能で、また汎用エクストルーダーやフィラメントスイッチなど市販のアクセサリーとも互換性がある。さらに本体のフレームはホイール付きで、楽に移動ができる。

MacroMAKEiTの予定小売価格は7800ドル(約87万5000円)で、今なら3台限定の早割価格6999ドル(約78万5000円)で入手できる。2019年2月の出荷を予定しているが、今のところアメリカ国内のみの出荷に対応する。

MacroMAKEiTはKickstarterにて、2万ドル(約224万円)を目標に2018年10月19日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る