新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンター「MacroMAKEiT」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

MacroMAKEiTは、最大610×1400×800mmの大型造形ができる3Dプリンター組み立てキット。シリコンケーブル、アルミニウム製ホットベッド、高精度ベアリングなど高品質な部品を採用し、造形エリアを密閉できる構造ながら、同等モデルの3Dプリンターより価格を抑えている。

photo

MacroMAKEiTは、初心者でも簡単に組み立てと操作ができるよう、インストラクションビデオを用意している。本体には、取り外し可能なインダクティブ充電式10インチタッチスクリーンタブレットやリモートモニタリング用ウェブカム、フィラメント切れ検知センサーなどを搭載。Wi-Fi通信に対応し、ワイヤレス操作が可能だ。

photo

ノズル温度は275度、ヒーテッドベッドは80度で、1.75mm径または3mm径フィラメント用エクストルーダーを選択できる他、メッシュベースのオートレベリング機能も備える。市販のフィラメントにはほぼ対応可能で、また汎用エクストルーダーやフィラメントスイッチなど市販のアクセサリーとも互換性がある。さらに本体のフレームはホイール付きで、楽に移動ができる。

MacroMAKEiTの予定小売価格は7800ドル(約87万5000円)で、今なら3台限定の早割価格6999ドル(約78万5000円)で入手できる。2019年2月の出荷を予定しているが、今のところアメリカ国内のみの出荷に対応する。

MacroMAKEiTはKickstarterにて、2万ドル(約224万円)を目標に2018年10月19日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る