新しいものづくりがわかるメディア

RSS


グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

MicroPythonを採用したマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」がKickstarterに登場した。1万台以上を販売したOpenMV Cam M7の後継モデルとなる。

photo

OpenMV Camシリーズは、Arduinoのボード上にカメラを取り付けてPythonで制御するマシンビジョンカメラ。H7は、400MHzのARM Cortex M7プロセッサを搭載するSTM32H743VIT6を採用し、RAM 1MB、フラッシュメモリー2MBを備える。H7から着脱式カメラモジュールを装備し、オプションのグローバルシャッター機能対応モジュールや、赤外線カメラ用モジュールを取り付けることもできる。

photo 赤外線カメラ用モジュール「FLIR Lepton Adapter Module」
photo グローバルシャッターカメラ用モジュール「Global Shutter Camera Module」

イメージセンサーはOmniVision Technologies製のOV7725。640×480の8bitグレースケール画像や16bitのRGB565画像を60fpsで撮影できる。解像度が320×240以下なら、フレームレートは120fpsまで対応する。

H7の主要機能の1つに、マルチブロブ対応のカラートラッキング機能がある。最大16色まで同時に識別し、フレーム内に存在する2次元形状(ブロブ)をいくつでも検出可能。QRコードやバーコードの読み取り機能、手書き数字を認識するLeNet-6などの畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のサポートなども盛り込んでいる。

OpenMV Cam H7の本体価格は65ドル(約7300円)。Kickstarterなら49ドル(約5500円)以上の出資で入手できる。日本への出荷には15ドル(約1700円)の送料が別途必要だ。

オプションとして、赤外線カメラ用のFLIR Lepton Adapter Moduleは15ドル(約1700円)、グローバルシャッター機能を使うのに必要なGlobal Shutter Camera Moduleは50ドル(約5600円)で提供している。

Kickstarterでの目標額は5万ドル(約560万円)。2018年9月20日時点で約2万4000ドル(約270万円)が集まっており、10月18日まで出資を募る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る