新しいものづくりがわかるメディア

RSS


グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

MicroPythonを採用したマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」がKickstarterに登場した。1万台以上を販売したOpenMV Cam M7の後継モデルとなる。

photo

OpenMV Camシリーズは、Arduinoのボード上にカメラを取り付けてPythonで制御するマシンビジョンカメラ。H7は、400MHzのARM Cortex M7プロセッサを搭載するSTM32H743VIT6を採用し、RAM 1MB、フラッシュメモリー2MBを備える。H7から着脱式カメラモジュールを装備し、オプションのグローバルシャッター機能対応モジュールや、赤外線カメラ用モジュールを取り付けることもできる。

photo 赤外線カメラ用モジュール「FLIR Lepton Adapter Module」
photo グローバルシャッターカメラ用モジュール「Global Shutter Camera Module」

イメージセンサーはOmniVision Technologies製のOV7725。640×480の8bitグレースケール画像や16bitのRGB565画像を60fpsで撮影できる。解像度が320×240以下なら、フレームレートは120fpsまで対応する。

H7の主要機能の1つに、マルチブロブ対応のカラートラッキング機能がある。最大16色まで同時に識別し、フレーム内に存在する2次元形状(ブロブ)をいくつでも検出可能。QRコードやバーコードの読み取り機能、手書き数字を認識するLeNet-6などの畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のサポートなども盛り込んでいる。

OpenMV Cam H7の本体価格は65ドル(約7300円)。Kickstarterなら49ドル(約5500円)以上の出資で入手できる。日本への出荷には15ドル(約1700円)の送料が別途必要だ。

オプションとして、赤外線カメラ用のFLIR Lepton Adapter Moduleは15ドル(約1700円)、グローバルシャッター機能を使うのに必要なGlobal Shutter Camera Moduleは50ドル(約5600円)で提供している。

Kickstarterでの目標額は5万ドル(約560万円)。2018年9月20日時点で約2万4000ドル(約270万円)が集まっており、10月18日まで出資を募る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る