新しいものづくりがわかるメディア

RSS


グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

MicroPythonを採用したマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」がKickstarterに登場した。1万台以上を販売したOpenMV Cam M7の後継モデルとなる。

photo

OpenMV Camシリーズは、Arduinoのボード上にカメラを取り付けてPythonで制御するマシンビジョンカメラ。H7は、400MHzのARM Cortex M7プロセッサを搭載するSTM32H743VIT6を採用し、RAM 1MB、フラッシュメモリー2MBを備える。H7から着脱式カメラモジュールを装備し、オプションのグローバルシャッター機能対応モジュールや、赤外線カメラ用モジュールを取り付けることもできる。

photo 赤外線カメラ用モジュール「FLIR Lepton Adapter Module」
photo グローバルシャッターカメラ用モジュール「Global Shutter Camera Module」

イメージセンサーはOmniVision Technologies製のOV7725。640×480の8bitグレースケール画像や16bitのRGB565画像を60fpsで撮影できる。解像度が320×240以下なら、フレームレートは120fpsまで対応する。

H7の主要機能の1つに、マルチブロブ対応のカラートラッキング機能がある。最大16色まで同時に識別し、フレーム内に存在する2次元形状(ブロブ)をいくつでも検出可能。QRコードやバーコードの読み取り機能、手書き数字を認識するLeNet-6などの畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のサポートなども盛り込んでいる。

OpenMV Cam H7の本体価格は65ドル(約7300円)。Kickstarterなら49ドル(約5500円)以上の出資で入手できる。日本への出荷には15ドル(約1700円)の送料が別途必要だ。

オプションとして、赤外線カメラ用のFLIR Lepton Adapter Moduleは15ドル(約1700円)、グローバルシャッター機能を使うのに必要なGlobal Shutter Camera Moduleは50ドル(約5600円)で提供している。

Kickstarterでの目標額は5万ドル(約560万円)。2018年9月20日時点で約2万4000ドル(約270万円)が集まっており、10月18日まで出資を募る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  3. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  4. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  6. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  7. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  8. コーヒーや紅茶を美味しく入れる全自動マグカップ「SmartCup」
  9. アクセサリーやフィギュアの補強や修理に——4秒で硬化する紫外線硬化プラスチック「UV Bondy」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る