新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Startup Hub Tokyo、関東学生ビジネスコンテスト「Startup Stage2018」応募受付開始

Startup Hub Tokyoは、関東の学生向けビジネスコンテスト「Startup Stage2018」を2018年12月8日に開催する予定だ。エントリーを同年10月17日22:00まで受け付ける。

Startup Stage2018は、関東の学生が起業家の第一歩として自分のビジネスプランを披露する舞台との位置づけだ。 募集内容はWebサービスやアプリケーション、ロボットやAIなど、ICT(情報通信技術)を活用したビジネスプランとなる。持ち時間7分間で、ICTを活用した自身のビジネスプランを発表する。

審査に通過すると登壇の権利だけでなく、第一線で活躍する講師による少人数セミナーへの参加や、対面で直接メンタリングを受講する機会を獲得できる。 さらに、優秀者には情報通信研究機構(NICT)/総務省主催の「起業家甲子園」挑戦権と、特別研修への参加権が獲得できるチャンスも得られる。

1次審査の結果発表は2018年10月21日、2次審査は同年11月12日の予定だ。各審査合格者向けのブラッシュアップ研修も予定されている。

応募資格は関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)に所在する高校/高専/大学/大学院の学生で、2名以上で構成されたチームまたは個人のうち、同年11月17日のブラッシュアップ研修に参加できることが条件だ。 発表時点でプロトタイプレベルの実装済みであることが望ましく、現時点での起業の有無は問わないとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る