新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Startup Hub Tokyo、関東学生ビジネスコンテスト「Startup Stage2018」応募受付開始

Startup Hub Tokyoは、関東の学生向けビジネスコンテスト「Startup Stage2018」を2018年12月8日に開催する予定だ。エントリーを同年10月17日22:00まで受け付ける。

Startup Stage2018は、関東の学生が起業家の第一歩として自分のビジネスプランを披露する舞台との位置づけだ。 募集内容はWebサービスやアプリケーション、ロボットやAIなど、ICT(情報通信技術)を活用したビジネスプランとなる。持ち時間7分間で、ICTを活用した自身のビジネスプランを発表する。

審査に通過すると登壇の権利だけでなく、第一線で活躍する講師による少人数セミナーへの参加や、対面で直接メンタリングを受講する機会を獲得できる。 さらに、優秀者には情報通信研究機構(NICT)/総務省主催の「起業家甲子園」挑戦権と、特別研修への参加権が獲得できるチャンスも得られる。

1次審査の結果発表は2018年10月21日、2次審査は同年11月12日の予定だ。各審査合格者向けのブラッシュアップ研修も予定されている。

応募資格は関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)に所在する高校/高専/大学/大学院の学生で、2名以上で構成されたチームまたは個人のうち、同年11月17日のブラッシュアップ研修に参加できることが条件だ。 発表時点でプロトタイプレベルの実装済みであることが望ましく、現時点での起業の有無は問わないとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る