新しいものづくりがわかるメディア

RSS


装置全体を覆ってベルトレス、数回のクリックで造形できる3Dプリンター「Leaf-a」

専門知識がなくても、わずか数回クリックするだけで3Dモデルを出力できる3Dプリンター「Leaf-a」がKickstarterに登場した。

photo

Leaf-aは装置全体を覆っている。装置内部の温度を一定に保つことでフィラメントの劣化を食い止め、外部からの異物混入を防ぐ。作業中の事故防止にもつながるという。

さらにプリントヘッドの移動には、一般的な3Dプリンターで使用するベルトではなく、ベルトレスのモーションシステムを採用。長期間使用するうちにベルトが緩んでくるというベルト式の課題を解消し、耐久性を大幅に向上したとうたっている。

photo

エクストルーダーは、ABSやPLA、ナイロン、耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)など、幅広いフィラメントの出力に対応。フィラメントロールを本体内部の収納スペースに収められるようになっている。

photo

PC不要で、本体前面のタッチスクリーンを使って操作する。データの取り込みには、USB、Wi-Fiを利用できる。

最大造形サイズは210×300×210mm。ノズル径は0.2mmと0.4mmで、STLとOBJのファイル形式に対応している。

Leaf-aの価格は、早期割引適用で499ユーロ(約6万5000円)から。2019年11月以降に出荷予定となり、日本への出荷には85ユーロ(約1万円)の送料が必要になる。

プロジェクト期間は2018年12月8日まで。目標額は15万ユーロ(約1950万円)で、10月10日時点で5708ユーロ(約74万円)が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る