新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新素材により軽量化と高速化を実現——デルタ型FFF方式3Dプリンターキット「ZATSIT」

デルタ型FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターキット「ZATSIT」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

ZATSITは、軽量化と造形スピードを追求するため素材と構造にこだわって開発したデルタ型3Dプリンターキット。アルミ製フレーム「MakerSlide」をメインに、ポリプロピレンとアルミニウムの軽量複合素材「Hylite」製のアームを使うが、メカニカルジョイントを使わず、折り曲げヒンジとする独特の軽量化設計だ。

HyliteプレートはCNC加工機で折り目を付けており、ヒンジ部の耐久性も高く、メタル製より摩耗が少ないとしている。また、新コンセプトで開発した水冷式軽量ホットエンドはシンプルな構造で、スムーズかつ高速移動に寄与する。さらにプリントヘッドにかかる力を最小化するためボーデンタイプのエクストルーダーを採用し、冷却ファン、モーターとともに振動を抑えるジンバル式になっている。

本体のサイズは400×380×660mm、完成時の重さは6kg、最大造形サイズはφ200×320mm、移動スピードは0~560mm/秒だ。

ZATSITの価格は300ユーロ(約3万9000円)で、2018年12月の出荷を予定している。日本への送料については確認が必要だ。2018年11月6日までクラウドファンディングを実施しており、10月11日時点で4万ユーロ(約520万円)の目標額に対して約2万ユーロ(約260万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る