新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」

Raspberry Piを5インチ/7インチノートPCにする組み立てキット「LapPi」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

LapPi

LapPiは、LCDタッチスクリーン、タッチパッド付きワイヤレスキーボード、リチウムイオン充電式パワーバンク(3800mAh)、カメラ、スピーカー2個などのモジュールと収容アクリルケースを含む組み立てキット。5インチディスプレイと7インチディスプレイのモデルがあり、5インチは解像度800×480、7インチは解像度1024×600だ。ケースに取り付けるパネルの色は、透明、赤、青、黄、黒の5色が用意されている。

LapPi
LapPi

LapPiは、Raspberry Pi 1 Model B、Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi 3 Model B、Raspberry Pi 3 Model B+に対応。構成は好きなように変更でき、各種シールドを載せて機能拡張することも可能だ。

LapPi connect PiTalk
LapPi connect PiRelay

LapPiの価格は、5インチディスプレイキットが137ポンド(約2万円)で、7インチディスプレイキットが167ポンド(約2万5000円)。いずれもRaspberry Pi本体は付属しない。キットには、各種モジュールのほか、組み立てマニュアル、ソフトウェア導入済み16GB SD カード、ACアダプター(5V 2.5A/100-200V AC)、HDMIケーブル、micro USBケーブルなどが含まれる。また、32ポンド(約4700円)追加すると、Raspberry Pi 3 Model B+が付属するキットを購入できる。

LapPi

Raspberry Pi 3 Model B+付属の5インチディスプレイキットと7インチディスプレイキットがセットになった「Buddy Pack」も用意されており、価格は359ポンド(約5万3000円)。この他に、3G GSM通信用シールド「PiTalk」に各種シールド「PiTraffic」、「PiCube」、「PiRelay」を含むキットも用意されている。

LapPiの出荷は2018年12月の予定。日本への送料はBuddy Pack以外が20ポンド(約3000円)、Buddy Packは30ポンド(約4400円)だ。

LapPiは2018年11月11日までクラウドファンディングを実施。2018年10月15日時点で、目標額2000ポンド(約30万円)を上回る約3300ポンド(約49万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る