新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」

Raspberry Pi 3と同性能で低価格のシングルボードコンピューター「La Frite」がKickstarterに登場し、わずか1日で目標額を達成するほど人気を博している。

La Friteは、CPUに「Raspberry Pi 3 Model B」と同じARM Cortex-A53(64ビット、クアッドコア、1.2GHz)を、GPUコアにARM Mali-450を採用したシングルボードコンピューター。512MBモデルと1GBモデルがあり、512MBモデルの販売価格は10ドル。Raspberry Pi 3 Model Bと同程度の処理性能で、価格は3分の1以下とコストパフォーマンスに優れている。

La Frite

入出力ポートは、HDMI 1.4(2K)、100Mbイーサネット、USBホスト、USB On-The-Go(OTG)、IRセンサーを装備している。無線通信機能は装備していないが、現在、検討中だという。GPIOは40ピン。La Friteは「Raspberry Pi Model A+」をベースにしており、GPIOヘッダーはModel A+と同様の配置になっている。サポートするOSは、Ubuntu、DebianなどLinuxベースOSとAndroid 8だ。

La Frite

La Friteの価格は、512MBモデルが10ドル(約1100円)、1GBモデルが15ドル(約1700円)。出荷は2018年11月の予定で、日本への送料は9ドル(約1000円)だ。

La Friteは2018年11月26日までクラウドファンディングを実施するが、2018年10月15日時点で目標の1万ドル(約110万円)の2倍以上に当たる約2万3000ドル(約260万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る