新しいものづくりがわかるメディア

RSS


就寝前の孤独や寂しさを癒す——おやすみロボット「ネモフ」

「ねむりのおとも」をコンセプトに、就寝前の孤独や寂しさを癒すために開発されたロボット「ネモフ(nemoph)」がMakuakeに登場した。

プロジェクトを立ち上げたパルスボッツは、ロボットのアプリケーションや対話型サービスの開発を通して、ロボット社会の未来を創造するロボット専門企業だ。

ネモフは、センサーや音声認識を活用した「癒される会話体験」と、サーボ制御技術による「人が可愛いと感じる動き」を研究し、モフモフとした見た目と組み合わせて「ココロ満たされる体験」を提供するロボットだ。

頭をなでると声で時報を伝え、時報の後の言葉に対してアラームやタイマーを設定する。また、オルゴール音楽を再生したり、眠気を誘う不思議な話をすることができる。さわやかな音楽とともに体を揺らす目覚まし機能なども備える。

サイズは約17×17×17cm。ぬいぐるみ素材はソフトファーで、カラーは白と黒の2種類を用意している。機構部には、樹脂パーツ、2軸小型サーボモーター、各種センサーなどを搭載。ACアダプター(5V3A)で駆動する。

Makuakeでは、ネモフイラストステッカー5枚をセットにした1000円コース(税込)などを用意している。

ネモフのクラウドファンディング期間は2018年12月10日まで。目標金額100万円に対し、同年10月16日時点で目標を大幅に上回る約200万円以上の資金を集めている。2018年12月中旬に早期購入価格版の発送を開始し、2019年1月上旬には通常版の発送を開始する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る