新しいものづくりがわかるメディア

RSS


120ドルで買えるハイブリッドシンセ——4ボイスパラフォニックシンセサイザー「Dark Arcade」

4ボイスパラフォニックシンセサイザー「Dark Arcade」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Dark Arcade

Dark Arcadeは、120ドルで買えるアナログとデジタルを融合したハイブリッドシンセサイザーモジュール。ソフトシンセからハードシンセに目を向け始めたミュージシャンを対象としたエントリーレベルのハードシンセだ。デジタルオシレーター、アナログフィルター、アナログアンプ、アナログエンベロープジェネレーター 、アナログLFOを搭載し、安価ながら多彩な音を作り出せる。

本体には、プログラム×3、エンベロープ×5(アタック/ディケイ/サスティン/リリース/深度)、LFO×3(レート/スルー/深度)、フィルター×2(カットオフ/レゾナンス)、アンプ×1(ボリューム)の調整つまみがあり。デジタルオシレーターは、正弦波、三角波、矩形波、鋸歯状波などに対応。オペレーショナルトランスコンダクタンスアンプ(OTA)ベースのアナログフィルターは、ローパス/バンドパス出力、カットオフやレゾナンスコントロールなどに対応する。

Dark Arcade

また、深度制御対応アナログADSRエンベロープセクション、深度制御/スルー制御対応アナログLFOセクションを搭載。入出力には、MIDI入出力、外部オーディオ入力ジャック、カットオフフィルター変調用とアンプゲイン変調(±9V)用にそれぞれ外部CV入力ジャックを装備している。

その他に、8bitカープラスストロングシンセシスモード、モノフォニックモードでのサブオシレーターボリュームや波形の制御、モノフォニック/パラフォニックモードでの2つのオシレーター間の波形合成、LFOやエンベロープ制御による波形合成、モノフォニックモードでのグリッドスピード制御によるポルタメント、パラフォニックモードやカープラスストロングモードでのビットクラッシャーなど多様な機能を備える。

Dark Arcadeの価格は120ドル(約1万3500円)。2019年6月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1100円)だ。

Dark Arcadeは10万ドル(約1100万円)を目標に、2018年12月15日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る