新しいものづくりがわかるメディア

RSS


120ドルで買えるハイブリッドシンセ——4ボイスパラフォニックシンセサイザー「Dark Arcade」

4ボイスパラフォニックシンセサイザー「Dark Arcade」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Dark Arcade

Dark Arcadeは、120ドルで買えるアナログとデジタルを融合したハイブリッドシンセサイザーモジュール。ソフトシンセからハードシンセに目を向け始めたミュージシャンを対象としたエントリーレベルのハードシンセだ。デジタルオシレーター、アナログフィルター、アナログアンプ、アナログエンベロープジェネレーター 、アナログLFOを搭載し、安価ながら多彩な音を作り出せる。

本体には、プログラム×3、エンベロープ×5(アタック/ディケイ/サスティン/リリース/深度)、LFO×3(レート/スルー/深度)、フィルター×2(カットオフ/レゾナンス)、アンプ×1(ボリューム)の調整つまみがあり。デジタルオシレーターは、正弦波、三角波、矩形波、鋸歯状波などに対応。オペレーショナルトランスコンダクタンスアンプ(OTA)ベースのアナログフィルターは、ローパス/バンドパス出力、カットオフやレゾナンスコントロールなどに対応する。

Dark Arcade

また、深度制御対応アナログADSRエンベロープセクション、深度制御/スルー制御対応アナログLFOセクションを搭載。入出力には、MIDI入出力、外部オーディオ入力ジャック、カットオフフィルター変調用とアンプゲイン変調(±9V)用にそれぞれ外部CV入力ジャックを装備している。

その他に、8bitカープラスストロングシンセシスモード、モノフォニックモードでのサブオシレーターボリュームや波形の制御、モノフォニック/パラフォニックモードでの2つのオシレーター間の波形合成、LFOやエンベロープ制御による波形合成、モノフォニックモードでのグリッドスピード制御によるポルタメント、パラフォニックモードやカープラスストロングモードでのビットクラッシャーなど多様な機能を備える。

Dark Arcadeの価格は120ドル(約1万3500円)。2019年6月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1100円)だ。

Dark Arcadeは10万ドル(約1100万円)を目標に、2018年12月15日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る