新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分の手で描く楽しさを体感できる照明器具製作キット「セルフ・ムードライト」

アクリル板を加工して、オリジナルデザインのムードライトを作れる照明器具製作キット「セルフ・ムードライト」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

セルフ・ムードライトは、付属のイラスト図案集を使って照明器具を作製する製品だ。イラスト図案集に記載された24種類のデザイン画を使って、自分の手で直接描く「楽しさ」と「感動」を体感できるとしている。

おおまかな作製手順は以下の通りだ。

  1. イラスト図案集から好みのデザインを選択する。
  2. 図案紙の上にアクリル板を載せて固定する。
  3. スクラッチペンでアクリル板に線を引いてデザインを転写する。
  4. スクラッチ(傷)が生じたアクリル板を台座に置くと、光のデザイン画が浮かび上がる。
イラスト図案集のデザイン画例

イラスト図案集には、直線のみのイラストや図案を多数収録。初心者でも定規を利用して簡単に描くことができるよう工夫されている。自身が描いたオリジナルの図案や写真を利用して描くことも可能だ。

アクリル板は、レーザー加工による滑らかな断面処理が施されているので、光の吸収率が高い。また、階段式加工も施しているので、正確に水平を合わせることができる。木製の台座は固くて丈夫なケヤキを採用した。

製作キットの基本構成は、アクリル板が1枚、木製台座が1枚、スクラッチアートペンおよび定規が各1本、イラスト図案集が1冊、USBケーブルが1本となる。

Makuakeでは、セルフ・ムードライト1個が4500円のコースや、セルフ・ムードライト1個とアクリル板4枚をセットにした7300円コースなどを用意している(いずれも税込)。

セルフ・ムードライトのクラウドファンディング期間は2018年12月12日まで。目標金額100万円に対し同年10月18日の時点で約33万円の支援が集まっている。2019年1月末までに出荷する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る