新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントした模擬組織を使用——顕微鏡手術トレーニングデバイス「EASYSURGERY」

顕微鏡手術トレーニングデバイス「EASYSURGERY」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

EASYSURGERY

EASYSURGERYは、縫合手技のトレーニングができるデバイス。3Dプリンタ—で作った模擬組織を使い、身体のさまざまな部位の縫合練習ができる。医学生から現役医師まで使えるデバイスだ。フォースゲージが内蔵されており、縫合の強度を測定し自分の技術を評価できる。

EASYSURGERY

縫合練習用の模擬組織は、ポリマーなどをナノファイバー形状へ紡糸するエレクトロスピニング法を応用したMelt Electrowriting(MEW)方式で3Dプリントしたものだ。デバイスにすぐセットできるよう、専用マウントに取り付けられている。模擬組織の材料には、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受け、開発元のラボで検査済みの生体適合性ハイテクポリマー、医療グレードのポリカプロラクトン(PCL)が使われている。

EASYSURGERYの価格は、5種類(動脈/靭帯(じんたい)/腱/皮膚/筋肉)の縫合練習用模擬組織が付いて99ドル(約1万1000円)。出荷は2018年12月の予定だ。

EASYSURGERY

また、EASYSURGERYは次期モデル「EASYSURGERY V2」も開発予定だ。EASY SURGERY V2はカメラとBluetooth通信機能を内蔵し、専用アプリで縫合練習のモニタリングや結果分析、レビューができるようになるという。

EASYSURGERY V2の価格は、5種類の縫合練習用模擬組織付きで299ドル(約3万4000円)。出荷は2019年6月の予定だ。

EASYSURGERY

EASYSURGERYは、目標額に達しない場合でも成立するフレキシブルゴール設定で、3000ドル(約34万円)を目標に2018年12月中旬までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る