新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piの裏側にヘッダーを立てたい——表裏両面対応のRaspberry Pi用GPIOピンアウトカード

Raspberry Piの40ピンGPIO用ピンアウトカードがKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

開発者によると、Raspberry PiのGPIOに出ている信号を確認したい場合、一般的なピンアウト情報は基板表面からみたものばかりで、ピンヘッダーを裏面から取り付けたり、L型に曲げてケースに収納する場合など、信号を間違えて配線してしまうリスクが高いという。

photo

そこで、Raspberry Piの表裏どちらにピンヘッダーを立ててもピンアサインが確認できるピンアウトカードを制作した。表裏両面に対応するとともに、基板の左右、中央の3カ所にピンを挿入できるため、用途に応じて様々な使い方ができる。

photo

Raspberry Pi用GPIOピンアウトカードの通常価格は1枚6スイスフラン(約678円)で、今なら1/3枚セットが数量限定の早割価格5スイスフラン(約565円)/12スイスフラン(約1320円)で入手できる。出荷は2018年12月以降の予定で、日本への送料はそれぞれ5スイスフランだ。

photo

Raspberry Pi用ピンアウトカードは、2018年11月10日までクラウドファンディングを実施中。10月23日時点で、600スイスフラン(約6万7800円)の目標額に対して約400スイスフラン(約4万5200円)を集めている。なお、今回のプロジェクトの反響次第では、OrangePiや26ピンGPIOに対応可能なバージョンも検討するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. お座りや伏せができる——リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」
  3. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  4. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  5. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. KiCad 5.1攻略本が付属——CQ出版、「トランジスタ技術2019年8月号」発刊へ
  8. LED線光線で高精細スキャンニング——ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」
  9. 「企業内メイカースペースは、社内外の垣根を越え、つながりを作る」Microsoft、Googleの取り組み
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る