新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水上ドローンでリモートシュノーケリング——「Picam360-SurfaceWalker」

船底に取り付けられたパノラミックカメラで水中の様子がリアルタイムで楽しめる水中カメラとドローンのキット「Picam360-SurfaceWalker」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Picam360-SurfaceWalkerは、専用開発されたRaspberry Piベースの360度カメラ「Picam360」と、それを搭載する水上ドローン「SurfaceWalker」のキットだ。

photo

SurfaceWalkerの遠隔制御と動画送信用に、Wi-Fiに加えて3G USBドングルを搭載しており、スマートフォンやPCから直接Wi-Fi接続できるアクセスポイントモードに加え、3G回線を使ったインターネット経由でのリモートコントロールもできる。動画圧縮には独自の技術を使っており、300Kbpsでもストリーミングが可能とのことだ。また、専用通信機も装備しており、これを使った場合の操作可能距離は最大500mになる。

photo

SurfaceWalkerのボディは、3Dプリントによって作ったモックアップから型を取ったウレタンフォーム製。船体下部にPicam360、スクリュー、ラダーなどがセットされ、上面には電源供給用の100Wソーラーパネルを装備する。

photo

SurfaceWalkerの操縦は、スマートフォンやPCによる直接操作に加え、GPSを使った自動運転プログラムも開発中とのこと。加えて、自動運転によってキャプチャーした海底の様子をアップロードして、リアルタイムに海底やサンゴ礁の様子をシェアできる「OpenCoralMap」や「OpenCyanoMap」の開発も最終ゴールとして目指すとしている。

photo

Picam360-SurfaceWalker は、Underwater Cameraキットを3万円、カメラ無しのSurfaceWalkerキットを12万円、カメラ付フルキットを15万円で提供する。出荷はUnderwater Cameraキットが2019年1月、SurfaceWalkerキットは2019年2月の予定だ。

photo

Picam360-SurfaceWalkerは、2018年12月21日までクラウドファンディングを実施中。10月24日時点で、100万円の目標額に対して約38万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る