新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソニーネットワークコミュニケーションズら、「ELTRES」IoTネットワークの国内商用化に向けた共同事業を開始

ELTRES IoTネットワークサービスの活用イメージ

ソニーネットワークコミュニケーションズ、NECネッツエスアイ、オリックスは、ELTRES(エルトレス)IoTネットワークサービスの国内商用化に向けた共同事業を開始する。

ELTRESは、長距離安定通信、高速移動体通信、低消費電力という特長を持つ、ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格だ。

ETSI(欧州電気通信標準化機構)において国際標準規格として公開されたことを受け、2018年9月からソニーネットワークコミュニケーションズが商用化に向けたプレサービスを提供している。

各社の役割

国内商用化に向けた共同事業において、ソニーネットワークコミュニケーションズは主にネットワーク構築および運用/管理と、ソリューション提案やアプリケーション提供などのビジネス展開を検討する企業を対象とした、パートナープログラムの運営を担う。 また、NECネッツエスアイとオリックスはパートナー企業やユーザー、顧客企業/団体に対しサービスの販売およびユーザーサポートを提供する。

3社はソニーグループの技術力、NECネッツエスアイの企画/事業展開力、オリックスの法人顧客への提案力を生かし、パートナープログラム参画企業を含む複数企業でのパートナーシップや共創体制を構築予定だ。

さまざまな分野におけるLPWAの利活用を促進し、インフラ監視(LPガスメーター情報の取得)や車両位置管理(バストラッキング)、見守り(登山者の遭難対策)など、IoT分野における多様なニーズに柔軟に対応していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る