新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホでロボットを歩かせよう——プログラミングを学べるSTEM教育ロボット「Marty the Robot」

+Styleは、組み立ててプログラミングできるSTEM教育ロボット「Marty the Robot(マーティ ザ ロボット)」を発売した。

同ロボットは、子供が自分で組み立ててスマートフォン/タブレット/PCで操作できる歩行型のSTEM教育ロボットだ。アメリカやイギリスの一部学校では、教育プログラムに同ロボットを採用しているという。

推奨年齢は10歳~。歩く、踊る、ボールを蹴るなどさまざまな動きに対応する。また、プログラミング言語のScratchを用いることで、プログラミング学習のきっかけとしても利用できる。

専用のキットを用いて組み立て可能なため、特別な道具やはんだ付けは必要ない。付属のステッカーによって、外見のカスタマイズも可能だ。

PythonやC++、Javascriptなどのプログラミング言語も利用できる。さらに、3Dプリントによるパーツ追加や、Arduino/Rasberry Pi/カメラの活用も可能だ。

マイコンには、180MHz ARM Cortex M4を採用。Wi-Fiモジュール(Serial,I2c)の他、基板/センサー/電動機を追加するためのポートも備えている。バッテリーは1400mAhで、一度の充電で約90~120分駆動可能だ。オンボードバッテリーとUSBケーブルで充電できる。

ロボットOSにはROSを採用。3軸加速度センサー(加速度/傾き測定用)、バンプセンサー×2(スタートボタン/足元測定用)の他、ACサーボモーター×4、カーボンファイバーギアーモーター×5を搭載している。

販売価格は3万4560円(税込)。同社Webサイトの「ショッピング」カテゴリーにて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る