新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホでロボットを歩かせよう——プログラミングを学べるSTEM教育ロボット「Marty the Robot」

+Styleは、組み立ててプログラミングできるSTEM教育ロボット「Marty the Robot(マーティ ザ ロボット)」を発売した。

同ロボットは、子供が自分で組み立ててスマートフォン/タブレット/PCで操作できる歩行型のSTEM教育ロボットだ。アメリカやイギリスの一部学校では、教育プログラムに同ロボットを採用しているという。

推奨年齢は10歳~。歩く、踊る、ボールを蹴るなどさまざまな動きに対応する。また、プログラミング言語のScratchを用いることで、プログラミング学習のきっかけとしても利用できる。

専用のキットを用いて組み立て可能なため、特別な道具やはんだ付けは必要ない。付属のステッカーによって、外見のカスタマイズも可能だ。

PythonやC++、Javascriptなどのプログラミング言語も利用できる。さらに、3Dプリントによるパーツ追加や、Arduino/Rasberry Pi/カメラの活用も可能だ。

マイコンには、180MHz ARM Cortex M4を採用。Wi-Fiモジュール(Serial,I2c)の他、基板/センサー/電動機を追加するためのポートも備えている。バッテリーは1400mAhで、一度の充電で約90~120分駆動可能だ。オンボードバッテリーとUSBケーブルで充電できる。

ロボットOSにはROSを採用。3軸加速度センサー(加速度/傾き測定用)、バンプセンサー×2(スタートボタン/足元測定用)の他、ACサーボモーター×4、カーボンファイバーギアーモーター×5を搭載している。

販売価格は3万4560円(税込)。同社Webサイトの「ショッピング」カテゴリーにて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る