新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIアシスタント「PLEN Cube」が顔認証——コーヒーサブスクリプションサービスの実証実験を実施

クルックスクルーズとPLEN Roboticsは、AIアシスタント「PLEN Cube」の顔認証機能を利用したサブスクリプションサービスの実証実験を実施した。

実験期間は、2018年10月25日~26日の9:00~15:00。場所はクルックスカフェオ(東京港区台場2-3-2台場フロンテイアビル2階)となる。

実験は、顔パス/カードレス化により飲食店の業務効率化、常連顧客対応の向上を目的とするもので、クルックスカフェオのコーヒーサブスクリプション「プレミアムラウンジサービス」開始に合わせ、2018年11月のサービスインを目指す。

サービス登録時に顔写真を登録すると、カウンター上に配置されたPLEN Cubeが、サービス登録者を来店時に自動受け付けしてくれる。 PLEN Cubeは顔認証により、サブスクリプションサービス登録を確認。サービス登録者は音声ガイダンスに基づいて注文内容を決定し、カウンターからコーヒーを受け取るという流れだ。

実証実験に使用するPLEN Cubeは一辺が約7.5cmの立方体。手のひらに乗る小型サイズでありながら、カメラ、スピーカー、マイク機能を備え、フェイストラッキング、音声認識なども搭載している。

個人を顔で認識し、トラックするReal-time face tracking機能を使い、チェックイン、問診、会員カードやチケット、スタンプチェックなどの定型業務を「顔パス」に置き換えることで、サービス業の自動化や、効率化に貢献するAIサービスのインターフェースとなることを目指している。

プレミアムラウンジサービスを実施予定のクルックスカフェオは、国内焙煎のスペシャルティーコーヒーを扱うヨーロピアンリゾートカフェだ(電源、Wi-Fi完備)。 サービス開始後は、キャッシュレスでいつでもコーヒーを楽しめるという。

予定定期価格は、本日のコーヒー(ホット/アイス)が月額1万9800円、レギュラードリンク(ホット/アイス)が月額2万8000円。 初回登録に限り、本日のコーヒーが月額1万円(2018年11月開始予定)、レギュラードリンクが月額2万円(2019年1月開始予定)で楽しめる(価格は全て税抜)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る