新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界へ挑戦するハードウェアベンチャーの登竜門「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付開始

ハードウェアスタートアップによるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付を開始した。

モノづくり起業推進協議会が主催するMonozukuri Hardware Cup 2019は、2019年春に米ピッツバーグ市で開催される世界大会「Hardware Cup 2019 Finals」(本戦)への出場権をかけた日本予選だ。上位入賞3社には、本戦会場での展示ブース参加権が、優勝者には本戦でのピッチ参加権がそれぞれ与えられる。

今年で3回目の開催となり、国際イノベーション会議Hack Osaka 2019と共同で、2019年3月13日大阪にて開催する。

応募資格は、「ハードウェアを含むビジネス展開を考えているスタートアップであること」、「活動の拠点は日本であること」および「ハードウェアとサービスを組み合わせた事業計画があること」の3点。審査基準は、事業化への情熱や国際的な市場性、潜在的な顧客ニーズもしくは市場規模の大きさ、および競合優位性となる。応募費用は無料だが、プレゼンテーションはすべて英語で行われ、審査員は日米の投資家や起業家だ。

2018年11月21日に、東京Startup Hub Tokyoにて事前説明会を実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る