新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界へ挑戦するハードウェアベンチャーの登竜門「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付開始

ハードウェアスタートアップによるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付を開始した。

モノづくり起業推進協議会が主催するMonozukuri Hardware Cup 2019は、2019年春に米ピッツバーグ市で開催される世界大会「Hardware Cup 2019 Finals」(本戦)への出場権をかけた日本予選だ。上位入賞3社には、本戦会場での展示ブース参加権が、優勝者には本戦でのピッチ参加権がそれぞれ与えられる。

今年で3回目の開催となり、国際イノベーション会議Hack Osaka 2019と共同で、2019年3月13日大阪にて開催する。

応募資格は、「ハードウェアを含むビジネス展開を考えているスタートアップであること」、「活動の拠点は日本であること」および「ハードウェアとサービスを組み合わせた事業計画があること」の3点。審査基準は、事業化への情熱や国際的な市場性、潜在的な顧客ニーズもしくは市場規模の大きさ、および競合優位性となる。応募費用は無料だが、プレゼンテーションはすべて英語で行われ、審査員は日米の投資家や起業家だ。

2018年11月21日に、東京Startup Hub Tokyoにて事前説明会を実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る