新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界へ挑戦するハードウェアベンチャーの登竜門「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付開始

ハードウェアスタートアップによるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付を開始した。

モノづくり起業推進協議会が主催するMonozukuri Hardware Cup 2019は、2019年春に米ピッツバーグ市で開催される世界大会「Hardware Cup 2019 Finals」(本戦)への出場権をかけた日本予選だ。上位入賞3社には、本戦会場での展示ブース参加権が、優勝者には本戦でのピッチ参加権がそれぞれ与えられる。

今年で3回目の開催となり、国際イノベーション会議Hack Osaka 2019と共同で、2019年3月13日大阪にて開催する。

応募資格は、「ハードウェアを含むビジネス展開を考えているスタートアップであること」、「活動の拠点は日本であること」および「ハードウェアとサービスを組み合わせた事業計画があること」の3点。審査基準は、事業化への情熱や国際的な市場性、潜在的な顧客ニーズもしくは市場規模の大きさ、および競合優位性となる。応募費用は無料だが、プレゼンテーションはすべて英語で行われ、審査員は日米の投資家や起業家だ。

2018年11月21日に、東京Startup Hub Tokyoにて事前説明会を実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る