新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界へ挑戦するハードウェアベンチャーの登竜門「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付開始

ハードウェアスタートアップによるによるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」が参加受付を開始した。

モノづくり起業推進協議会が主催するMonozukuri Hardware Cup 2019は、2019年春に米ピッツバーグ市で開催される世界大会「Hardware Cup 2019 Finals」(本戦)への出場権をかけた日本予選だ。上位入賞3社には、本戦会場での展示ブース参加権が、優勝者には本戦でのピッチ参加権がそれぞれ与えられる。

今年で3回目の開催となり、国際イノベーション会議Hack Osaka 2019と共同で、2019年3月13日大阪にて開催する。

応募資格は、「ハードウェアを含むビジネス展開を考えているスタートアップであること」、「活動の拠点は日本であること」および「ハードウェアとサービスを組み合わせた事業計画があること」の3点。審査基準は、事業化への情熱や国際的な市場性、潜在的な顧客ニーズもしくは市場規模の大きさ、および競合優位性となる。応募費用は無料だが、プレゼンテーションはすべて英語で行われ、審査員は日米の投資家や起業家だ。

2018年11月21日に、東京Startup Hub Tokyoにて事前説明会を実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る