新しいものづくりがわかるメディア

RSS


分子遺伝学の研究に——Wi-Fi対応グラジエント機能付サーマルサイクラー「proPCR」

同時に8つのテストチューブの温度管理ができるDNA増幅用ポータブルサーマルサイクラー「proPCR」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

proPCRは、分子遺伝学などで行われるDNA増幅用PCR(polymerase chain reaction)装置。DNA変性とアニーリングのサイクルを繰り返してDNAを増幅するPCR法を、手軽に実行できるポータブルサーマルサイクラーだ。

photo

proPCRのサンプルブロックには、最大8本のテストチューブがセットでき、左右で1℃おき最大8℃の温度差で制御できるグラジエント機能を備えているので、1回の実験で効率的な反応条件の最適化が可能だ。

photo

また、PCRのモードとして、サイクル中に反応温度を変化させる「タッチダウンPCR」に対応しており、グラジエント機能との併用も可能だ。

photo

温度管理機能は、PCRに加えて、リニアな温度サイクルを与える「Linear Ramp」、サンプルブロックを一定温度に保つ「Heat Block」も備えており、ブラウザ画面から選択するだけで実行できる。

photo

サイズは12.7×7.6センチ(幅×高さ)、重さ900グラムと小型軽量かつ12Vで作動するので、実験室での実験から教室に持ち出しての教育用途など、場所を問わずに使用できる。

photo

proPCRは、本体と110~220V対応ACアダプターのセットが575ドル(約6万4800円)。Kickstarterでは35%オフの早割価格375ドル(約4万2300円)で提供する。出荷は2019年2月の予定で、日本への送料は75ドル(約8450円)だ。

photo

proPCRは、2018年11月30日までクラウドファンディングを実施中。11月5日時点で、8000ドル(約90万2000円)の目標額に対して約6800ドル(約76万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る