新しいものづくりがわかるメディア

RSS


分子遺伝学の研究に——Wi-Fi対応グラジエント機能付サーマルサイクラー「proPCR」

同時に8つのテストチューブの温度管理ができるDNA増幅用ポータブルサーマルサイクラー「proPCR」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

proPCRは、分子遺伝学などで行われるDNA増幅用PCR(polymerase chain reaction)装置。DNA変性とアニーリングのサイクルを繰り返してDNAを増幅するPCR法を、手軽に実行できるポータブルサーマルサイクラーだ。

photo

proPCRのサンプルブロックには、最大8本のテストチューブがセットでき、左右で1℃おき最大8℃の温度差で制御できるグラジエント機能を備えているので、1回の実験で効率的な反応条件の最適化が可能だ。

photo

また、PCRのモードとして、サイクル中に反応温度を変化させる「タッチダウンPCR」に対応しており、グラジエント機能との併用も可能だ。

photo

温度管理機能は、PCRに加えて、リニアな温度サイクルを与える「Linear Ramp」、サンプルブロックを一定温度に保つ「Heat Block」も備えており、ブラウザ画面から選択するだけで実行できる。

photo

サイズは12.7×7.6センチ(幅×高さ)、重さ900グラムと小型軽量かつ12Vで作動するので、実験室での実験から教室に持ち出しての教育用途など、場所を問わずに使用できる。

photo

proPCRは、本体と110~220V対応ACアダプターのセットが575ドル(約6万4800円)。Kickstarterでは35%オフの早割価格375ドル(約4万2300円)で提供する。出荷は2019年2月の予定で、日本への送料は75ドル(約8450円)だ。

photo

proPCRは、2018年11月30日までクラウドファンディングを実施中。11月5日時点で、8000ドル(約90万2000円)の目標額に対して約6800ドル(約76万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る