新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パナソニックとソフトバンク、商用環境下で「NB-IoT」を用いた常時接続IoT家電の実証実験を実施

NIDD技術を使用したデータ通信のイメージ

パナソニックとソフトバンクは、LPWA(省電力広域無線通信技術)の一つである「NB-IoT」を活用した常時接続IoT家電の実用化に向け、商用環境下での実証実験を2018年11月から大阪で実施する。

今回の実証実験には、ソフトバンクの高セキュリティー技術「NIDD(Non-IP Data Delivery)」が用いられる。 NIDDを使用し、LTE通信規格NB-IoTでの検証を実施することで、IoT家電向けに高セキュリティーなネットワークを構築予定だ。

NIDDは、IoTデバイスにIPアドレスを割り当てずにデータ通信できる通信技術だ。通信にインターネットプロトコルを使用しないため、IoTデバイスを狙った悪意のある攻撃を受けるリスクが低く、高セキュリティーなネットワークを構築できる。

また、従来のデータ通信時に必要なヘッダー情報などのデータを削減できるため、通信に必要な電力を抑えバッテリーを長持ちさせるとともに、より広いエリアをカバーする。

さらに、各サービスプロバイダーが提供するIoTプラットフォームや外部アプリケーションサーバーと閉域網で接続することで、エンドツーエンドでの高セキュリティーなネットワーク構築も可能だ。

両社はLPWAを用いて顧客と新たな価値や体験を生み出し、より豊かな暮らしや社会の実現を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る