新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI/自動操縦/ロボット技術を搭載——パナソニックら、次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを開発

パナソニックと千葉工業大学は、最先端のAI、自動操縦、ロボット技術を搭載した次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを共同開発した。

同コンセプトモデルにはAI床センサーを搭載しており、ディープラーニング技術により、複数のレーザー距離センサーの信号から床面上の物体を認識する。 ラグなどを検出すると、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて乗り越え、つまずかずスムーズに走行を続ける。

また、千葉工大未来ロボット技術研究センター(fuRo)が開発した高速空間認識技術「ScanSLAM」と、360°レーザーセンサーシステムを搭載しており、部屋の形状や室内で動く人を認識可能だ。リアルタイムに空間を検知して地図を構築、走行位置を正確に特定し、効率的に掃除する。

ScanSLAMによる位置情報の把握と自動操縦技術の組み合わせにより、タブレット端末による掃除スポットの遠隔指示や、人と協調しての掃除も可能だ。

さらに、ScanSLAMによる動体認識技術とAIによる動き予測制御技術との組み合わせにより、人に寄り添うように追従する機能も搭載(otomo機能)。掃除してほしいところを歩けば、ロボット掃除機が追従して掃除してくれる。

掃除終了後は、周囲環境と自分の位置を常に正確に把握しているため、確実に充電台に戻る。自動的に本体を吊り上げ、縦置きで充電する機能も実現している。

両社は今後、さらに実証実験を重ね、商品化につなげる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る