新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI/自動操縦/ロボット技術を搭載——パナソニックら、次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを開発

パナソニックと千葉工業大学は、最先端のAI、自動操縦、ロボット技術を搭載した次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを共同開発した。

同コンセプトモデルにはAI床センサーを搭載しており、ディープラーニング技術により、複数のレーザー距離センサーの信号から床面上の物体を認識する。 ラグなどを検出すると、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて乗り越え、つまずかずスムーズに走行を続ける。

また、千葉工大未来ロボット技術研究センター(fuRo)が開発した高速空間認識技術「ScanSLAM」と、360°レーザーセンサーシステムを搭載しており、部屋の形状や室内で動く人を認識可能だ。リアルタイムに空間を検知して地図を構築、走行位置を正確に特定し、効率的に掃除する。

ScanSLAMによる位置情報の把握と自動操縦技術の組み合わせにより、タブレット端末による掃除スポットの遠隔指示や、人と協調しての掃除も可能だ。

さらに、ScanSLAMによる動体認識技術とAIによる動き予測制御技術との組み合わせにより、人に寄り添うように追従する機能も搭載(otomo機能)。掃除してほしいところを歩けば、ロボット掃除機が追従して掃除してくれる。

掃除終了後は、周囲環境と自分の位置を常に正確に把握しているため、確実に充電台に戻る。自動的に本体を吊り上げ、縦置きで充電する機能も実現している。

両社は今後、さらに実証実験を重ね、商品化につなげる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る