新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「JR東日本スタートアッププログラム 2018」、協業対象の23提案を採択

TAG

起業 アクセラレータ

JR東日本は、ベンチャー企業と協業し新たなビジネスやサービスを実現する「JR東日本スタートアッププログラム 2018」において、対象の提案23案を採択した。

JR東日本スタートアッププログラムは、東日本旅客鉄道(JR東日本)とJR東日本スタートアップが主催。同社らとベンチャー企業との協業によって新たなビジネスサービスを実現させることを目的とする。2017年に第1回が開催され、今回が2回目の開催となる。地域資源を活用した協業プランや、海外ベンチャーの日本進出の足がかりとなるような協業プランも募集した。

 

photo

同プログラムは、「アクセラレーションコース」と「インキュベーションコース」の2コースに分かれている。アクセラレーションコースは、すでに自社の製品やサービスまたはプロトタイプを持ち、概ね起業から10年以内の企業を対象に、テストマーケティングの実施を目指すコースだ。今回111件の提案が集まり、その中から18件を採択。年度内にテストマーケティングを実施する。

photo

インキュベーションコースは、起業前か起業後間もない方を対象に、JR東日本グループでの事業アイデアの採用や同グループの支援による事業の具体化を目指すコースだ。今回71件の提案があり、そのうち5件を採択。今後、主催者およびグループ企業と共に、提案内容への支援や事業の具体化に向けた検討を行う。

採択された提案や協業内容、および最終選考の発表会を2018年11月29日に実施する予定だ。総合グランプリとして「スタートアップ大賞」、コース別の「最優秀賞」および全提案の中から「優秀賞」を決定する。また、アクセラレーションコースに採択された企業の協業プランの紹介およびデモンストレーションなどの目的のため、2018年12月3日~9日の間、大宮駅西口イベントスペースにて「STARTUP_STATION」と題するイベントを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る