新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オン・セミコンダクター、無線SoC「RSL10」を使用した低電力IoTソリューションを発表

RSL10を組み込んだIoTアプリケーション開発プラットフォーム「Bluetooth IoT開発キット(B-IDK)」

オン・セミコンダクターは、同社の低消費電力タイプ無線SoC「RSL10」を中心としたIoTソリューションとして、Bluetoothメッシュネットワークやバッテリー不要のエッジノード、エッジにおいてAIを実現する最新のオーディオとビジョンのソリューションを発表する。

これは、2018年11月13日~16日にドイツ・ミュンヘンで開催される「electronica 2018」に出展し、RSL10を用いた超低電力IoTソリューションなどを紹介するというもの。太陽光などの環境発電のみで動作するバッテリー不要のワイヤレスエッジノードや、自然言語処理によって音声コマンドを検知/反応するための人工知能を、IoTエッジノードに追加するための同社の技術などを紹介する。

なおRSL10は、RFトランシーバとArm Cortex-M3マイクロコントローラーを搭載、消費電力はスリープモードで62.5nW、受信時で7mWと、低消費電力のSoC。環境発電のみで動作するIoTエッジノードの構築が可能になる。RSL10を組み込んだIoTアプリケーション開発およびプロトタイプ作成のためのプラットフォーム「Bluetooth IoT開発キット(B-IDK)」が用意されている。B-IDKはモジュール構成で、近接センサー、モーションセンサー、タッチセンサーなどのセンサーシールドボードや、ステッパーモーターやブラシレスDCモーターなどのオプションとサンプルコードと組み合わせることで、クラウドを利用したIoTアプリケーション開発を迅速に進めることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る