新しいものづくりがわかるメディア

RSS


遊びながら「理系力」を磨ける——「電脳サーキット」シリーズの第8弾「電脳サーキット・プレイ」発売へ

サイエンス玩具研究所は「電脳サーキット」シリーズの第8弾として、「電脳サーキット・プレイ」を2018年11月26日に発売する予定だ。

電脳サーキットは「遊んでいるのに学んでいる」をテーマとし、スナップボタン式の専用パーツを留めていくことで、多数の電子回路の実験ができるサイエンス玩具だ。第8弾となる電脳サーキット・プレイでは、20種類以上のゲームが作成できる。

難しい知識や学びからではなく、遊びからスタートすることで、子供たちの科学への好奇心や憧れを刺激し、誰もが本来備えているはずの「理系力」を目覚めさせることを狙いとしている。

実験数は203通り。新パーツとして、マイクロコントローラー(ゲーム司令塔)やセレクター(ゲームの選択ボタン)、プログラムファン(電光掲示板用ファン)、ディスコモーター、ディスコカバー、二色発光LEDなどを追加している。

サイコロゲームや記憶を試すゲーム、野球ゲーム、ブラックジャック(トランプゲーム)、時間感覚当てゲーム、回る電光掲示板の文字を変えてみる実験、光るミラーボールを回してみる実験など、さまざまな実験を作成できる。

スナップボタン式の専用パーツは、全て色とマークで分類されており、「日本語取扱説明書(実験ガイド付き)」に沿って組み立てていくだけで完成する。部品収納ケースも付属する。

サイズはベース基盤が280×195mm、パッケージが39.5×30×7cm。価格は1万3824円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る