新しいものづくりがわかるメディア

RSS


exiii、VR/ARコンテンツ開発者向けに触覚デバイスの無償レンタルプログラムを開始

exiiiは、手首装着型のVR/AR用触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」の無償レンタルプログラム「EXOS for Hackers」を開始した。

photo

EXOS Wrist DK2は、2018年10月に提供開始した触覚デバイスの最新モデルだ。手首に装着することで手のひらが自由になること、350gと従来モデルより大幅に軽量化したことなどが特徴だ。

同デバイスは、価格が片手で60万円と比較的高価であることから、一定以上規模の企業が主な販売先となっていた。今回のプログラムは、予算が限られている個人開発者やスタートアップを対象に、ユースケースの拡大やデベロッパーコミュニティの形成を目的に始められる。

対象は個人またはスタートアップのVR/ARコンテンツデベロッパーで、地域は日本またはアメリカ。貸出期間は原則1カ月だが、相談の上最大6カ月まで延長可能だ。

貸出によって発生する成果物は、すべて開発者に帰属するが、EXOSの活用事例として動画やデモなどを同意のうえ公開することがある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る