新しいものづくりがわかるメディア

RSS


exiii、VR/ARコンテンツ開発者向けに触覚デバイスの無償レンタルプログラムを開始

exiiiは、手首装着型のVR/AR用触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」の無償レンタルプログラム「EXOS for Hackers」を開始した。

photo

EXOS Wrist DK2は、2018年10月に提供開始した触覚デバイスの最新モデルだ。手首に装着することで手のひらが自由になること、350gと従来モデルより大幅に軽量化したことなどが特徴だ。

同デバイスは、価格が片手で60万円と比較的高価であることから、一定以上規模の企業が主な販売先となっていた。今回のプログラムは、予算が限られている個人開発者やスタートアップを対象に、ユースケースの拡大やデベロッパーコミュニティの形成を目的に始められる。

対象は個人またはスタートアップのVR/ARコンテンツデベロッパーで、地域は日本またはアメリカ。貸出期間は原則1カ月だが、相談の上最大6カ月まで延長可能だ。

貸出によって発生する成果物は、すべて開発者に帰属するが、EXOSの活用事例として動画やデモなどを同意のうえ公開することがある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る