新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊

三馬力は、Raspberry Piを使ってRTL-SDRによるソフトウェアラジオを制作するための解説書「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」を、2018年11月16日に発刊する。

ソフトウェアラジオ(Software Defined Radio:SDR)とは、ハードウェア(無線機)を変更することなく、制御ソフトウェアを変更することで無線通信方式の切り替えが可能な技術だ。トラディショナルなラジオよりもコンパクトにでき、インターネット接続も不要な一般的なラジオとして機能する。RTL-SDRは受信専用で、搭載するチューナーチップにより、AMラジオ放送が使う500 kHz付近の中波帯から、アマチュア無線などで使われている1.75 GHz程度のUHF帯まで、受信が可能なUSBドングルだ。

本書では、Raspberry Piを使うことで、PCで実現するよりも簡単かつ安価にソフトウェアラジオを利用する方法を解説している。

RTL-SDRやRaspberry Piの概要の説明から始まり、RTL-SDRでラジオ放送を聞く方法、iGateによるアマチュア無線受信方法、さらにRTL-SDRによるエアバンドの受信方法を解説する。

著者は樋山淳氏。B5、104ページで定価が2594円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る