新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊

三馬力は、Raspberry Piを使ってRTL-SDRによるソフトウェアラジオを制作するための解説書「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」を、2018年11月16日に発刊する。

ソフトウェアラジオ(Software Defined Radio:SDR)とは、ハードウェア(無線機)を変更することなく、制御ソフトウェアを変更することで無線通信方式の切り替えが可能な技術だ。トラディショナルなラジオよりもコンパクトにでき、インターネット接続も不要な一般的なラジオとして機能する。RTL-SDRは受信専用で、搭載するチューナーチップにより、AMラジオ放送が使う500 kHz付近の中波帯から、アマチュア無線などで使われている1.75 GHz程度のUHF帯まで、受信が可能なUSBドングルだ。

本書では、Raspberry Piを使うことで、PCで実現するよりも簡単かつ安価にソフトウェアラジオを利用する方法を解説している。

RTL-SDRやRaspberry Piの概要の説明から始まり、RTL-SDRでラジオ放送を聞く方法、iGateによるアマチュア無線受信方法、さらにRTL-SDRによるエアバンドの受信方法を解説する。

著者は樋山淳氏。B5、104ページで定価が2594円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る