新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊

三馬力は、Raspberry Piを使ってRTL-SDRによるソフトウェアラジオを制作するための解説書「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」を、2018年11月16日に発刊する。

ソフトウェアラジオ(Software Defined Radio:SDR)とは、ハードウェア(無線機)を変更することなく、制御ソフトウェアを変更することで無線通信方式の切り替えが可能な技術だ。トラディショナルなラジオよりもコンパクトにでき、インターネット接続も不要な一般的なラジオとして機能する。RTL-SDRは受信専用で、搭載するチューナーチップにより、AMラジオ放送が使う500 kHz付近の中波帯から、アマチュア無線などで使われている1.75 GHz程度のUHF帯まで、受信が可能なUSBドングルだ。

本書では、Raspberry Piを使うことで、PCで実現するよりも簡単かつ安価にソフトウェアラジオを利用する方法を解説している。

RTL-SDRやRaspberry Piの概要の説明から始まり、RTL-SDRでラジオ放送を聞く方法、iGateによるアマチュア無線受信方法、さらにRTL-SDRによるエアバンドの受信方法を解説する。

著者は樋山淳氏。B5、104ページで定価が2594円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る