新しいものづくりがわかるメディア

RSS


学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」で日本の6チームが入賞

学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」において、日本チームは全3部門の各部門入賞(8位以内)に合計6チームが入るという健闘を見せた。

photo

LEGO公認のWRO2018タイ国際大会は、2018年11月16日から18日までタイのチェンマイで開催。日本からは、国内大会「WRO Japan 2018」で選出された小学生、中学生、高校生の各チーム合計17チームが参加した。WROの国際大会は、60以上の国、地域から合計2万4000チームが参加する、世界最大規模の学生ロボットコンテンストだ。

自立型ロボットを制作し、そのロボットで競技を行う「レギュラーカテゴリー」、テーマに従ったロボット製作発表を行う「オープンカテゴリー」、17歳以上の学生限定で自律型の高度なロボットの制御を競う「アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」の3部門があり、レギュラーカテゴリーでは奈良県立奈良高等学校などの2チームが、オープンカテゴリーでは追手門学院大手前高等学校などの3チームが、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジでは神奈川工科大学のチームがそれぞれ入賞を果たした。

photo

なお、CAMPFIREにて機材費や渡航費などの支援を集めていた小学生チーム「Candy Samurai」は、オープンカテゴリー小学生部門で8位入賞とのことだ。

入賞結果は、WRO国際大会のWebサイトで公開されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る