新しいものづくりがわかるメディア

RSS


学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」で日本の6チームが入賞

学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」において、日本チームは全3部門の各部門入賞(8位以内)に合計6チームが入るという健闘を見せた。

photo

LEGO公認のWRO2018タイ国際大会は、2018年11月16日から18日までタイのチェンマイで開催。日本からは、国内大会「WRO Japan 2018」で選出された小学生、中学生、高校生の各チーム合計17チームが参加した。WROの国際大会は、60以上の国、地域から合計2万4000チームが参加する、世界最大規模の学生ロボットコンテンストだ。

自立型ロボットを制作し、そのロボットで競技を行う「レギュラーカテゴリー」、テーマに従ったロボット製作発表を行う「オープンカテゴリー」、17歳以上の学生限定で自律型の高度なロボットの制御を競う「アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」の3部門があり、レギュラーカテゴリーでは奈良県立奈良高等学校などの2チームが、オープンカテゴリーでは追手門学院大手前高等学校などの3チームが、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジでは神奈川工科大学のチームがそれぞれ入賞を果たした。

photo

なお、CAMPFIREにて機材費や渡航費などの支援を集めていた小学生チーム「Candy Samurai」は、オープンカテゴリー小学生部門で8位入賞とのことだ。

入賞結果は、WRO国際大会のWebサイトで公開されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る