新しいものづくりがわかるメディア

RSS


学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」で日本の6チームが入賞

学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」において、日本チームは全3部門の各部門入賞(8位以内)に合計6チームが入るという健闘を見せた。

photo

LEGO公認のWRO2018タイ国際大会は、2018年11月16日から18日までタイのチェンマイで開催。日本からは、国内大会「WRO Japan 2018」で選出された小学生、中学生、高校生の各チーム合計17チームが参加した。WROの国際大会は、60以上の国、地域から合計2万4000チームが参加する、世界最大規模の学生ロボットコンテンストだ。

自立型ロボットを制作し、そのロボットで競技を行う「レギュラーカテゴリー」、テーマに従ったロボット製作発表を行う「オープンカテゴリー」、17歳以上の学生限定で自律型の高度なロボットの制御を競う「アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」の3部門があり、レギュラーカテゴリーでは奈良県立奈良高等学校などの2チームが、オープンカテゴリーでは追手門学院大手前高等学校などの3チームが、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジでは神奈川工科大学のチームがそれぞれ入賞を果たした。

photo

なお、CAMPFIREにて機材費や渡航費などの支援を集めていた小学生チーム「Candy Samurai」は、オープンカテゴリー小学生部門で8位入賞とのことだ。

入賞結果は、WRO国際大会のWebサイトで公開されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る