新しいものづくりがわかるメディア

RSS


学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」で日本の6チームが入賞

学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」において、日本チームは全3部門の各部門入賞(8位以内)に合計6チームが入るという健闘を見せた。

photo

LEGO公認のWRO2018タイ国際大会は、2018年11月16日から18日までタイのチェンマイで開催。日本からは、国内大会「WRO Japan 2018」で選出された小学生、中学生、高校生の各チーム合計17チームが参加した。WROの国際大会は、60以上の国、地域から合計2万4000チームが参加する、世界最大規模の学生ロボットコンテンストだ。

自立型ロボットを制作し、そのロボットで競技を行う「レギュラーカテゴリー」、テーマに従ったロボット製作発表を行う「オープンカテゴリー」、17歳以上の学生限定で自律型の高度なロボットの制御を競う「アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」の3部門があり、レギュラーカテゴリーでは奈良県立奈良高等学校などの2チームが、オープンカテゴリーでは追手門学院大手前高等学校などの3チームが、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジでは神奈川工科大学のチームがそれぞれ入賞を果たした。

photo

なお、CAMPFIREにて機材費や渡航費などの支援を集めていた小学生チーム「Candy Samurai」は、オープンカテゴリー小学生部門で8位入賞とのことだ。

入賞結果は、WRO国際大会のWebサイトで公開されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る