新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子デバイスを音声コントロールできる——ユカイ工学とNTTドコモ、開発者向け音声対話開発キット「codama」発売

ユカイ工学とNTTドコモは、XMOSのボイスプロセッサーを使った音声対話開発キット「codama(こだま)」を共同開発し、ユカイ工学より発売する。

photo

codamaは、NTTドコモのオープンパートナーイニシアティブのデバイスオープン機能「ドコモAIエージェントAPI」に対応し、NTTドコモが提供するRaspberryPi用ソフトウェアを利用することで動作する。

codamaとAPIの連携により、電子機器やIoTデバイスの音声操作が可能となる。設定した呼びかけに反応するウェイクアップワードや、クリアに音声をキャプチャーするビームフォーミングおよびノイズキャンセリングにより、音声によるAIサービスへのアクセスを可能にしている。

基板に搭載されたXMOSのボイスプロセッサー「XVF3100」は、音楽を再生するデバイスを中断または一時停止できるバージイン機能を備えた全二重音響エコーキャンセラ(AEC)と、話者の追従が可能な適応型ビームフォーマを含むDSPを備え、残響除去、オートゲイン制御、ノイズ抑制により、騒々しい環境下でも機器との音声対話が可能だ。

自分の音声をウェイクワードとしてユカイ工学のウェブサイトで登録して、キーワードだけに反応させることで、パーソナル音声対話デバイスとして利用できる。

4つのリニアマイクアレイを搭載し、Raspberry Piの40PIN GPIOに接続して作動する。市販のスピーカーをAUX端子に接続する以外に、ボードに搭載されたアンプを使い、電子工作用スピーカーをスピーカー出力に接続できる。サイズは64×55×20mmで、予定価格は1万5000円。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  2. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  5. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  8. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」
  9. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  10. オン・セミコンダクター、IoTアプリ向けのRSL10センサー開発キットを発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る