新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子デバイスを音声コントロールできる——ユカイ工学とNTTドコモ、開発者向け音声対話開発キット「codama」発売

ユカイ工学とNTTドコモは、XMOSのボイスプロセッサーを使った音声対話開発キット「codama(こだま)」を共同開発し、ユカイ工学より発売する。

photo

codamaは、NTTドコモのオープンパートナーイニシアティブのデバイスオープン機能「ドコモAIエージェントAPI」に対応し、NTTドコモが提供するRaspberryPi用ソフトウェアを利用することで動作する。

codamaとAPIの連携により、電子機器やIoTデバイスの音声操作が可能となる。設定した呼びかけに反応するウェイクアップワードや、クリアに音声をキャプチャーするビームフォーミングおよびノイズキャンセリングにより、音声によるAIサービスへのアクセスを可能にしている。

基板に搭載されたXMOSのボイスプロセッサー「XVF3100」は、音楽を再生するデバイスを中断または一時停止できるバージイン機能を備えた全二重音響エコーキャンセラ(AEC)と、話者の追従が可能な適応型ビームフォーマを含むDSPを備え、残響除去、オートゲイン制御、ノイズ抑制により、騒々しい環境下でも機器との音声対話が可能だ。

自分の音声をウェイクワードとしてユカイ工学のウェブサイトで登録して、キーワードだけに反応させることで、パーソナル音声対話デバイスとして利用できる。

4つのリニアマイクアレイを搭載し、Raspberry Piの40PIN GPIOに接続して作動する。市販のスピーカーをAUX端子に接続する以外に、ボードに搭載されたアンプを使い、電子工作用スピーカーをスピーカー出力に接続できる。サイズは64×55×20mmで、予定価格は1万5000円。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る