新しいものづくりがわかるメディア

RSS


翔泳社、ゲームづくりを通してプログラミングを学ぶ「親子で一緒につくろう! micro:bitゲームプログラミング」発刊

翔泳社は、教育用マイコン「micro:bit」を使って、親子でゲームづくりを楽しみながらプログラミングを身につけることができる「親子で一緒につくろう! micro:bitゲームプログラミング」を、2019年1月15日に発刊する。

micro:bitは、英BBCが教育用に開発したワンボードマイコン。本書は、micro:bitを購入したが、「何をしたら良いのか分からない」、「使わずそのままになっている」場合や、プログラミング未経験の場合でもプログラミング学習を手軽に始めることができる。

翔泳社から既刊の「手づくり工作をうごかそう! micro:bitプログラミング」とは違って電子部品や工作などは不要で、micro:bitだけを使ったプログラミングに特化しているのが特徴だ。

micro:bitの基本から始まり、「ミニアクションゲーム」、「キャッチゲーム」、「逃走ゲーム」、「リズムゲーム」「シューティングゲーム」の5種類のゲームづくり、無線通信による対戦やオリジナルゲーム機などを取り上げて解説する。

著者は、プログラミングスクールで日々子どもたちにプログラミング教えている橋山牧人氏と澤田千代子氏。B5判136ページで、価格が1800円(税別)だ。対象年齢は、小学校5年生以上となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る