新しいものづくりがわかるメディア

RSS


任意の形状のリチウムイオンバッテリーを造形できる3Dプリント技術を開発

米デューク大学の研究チームは、FFF(熱溶解積層)方式3Dプリンターとイオン伝導性を持たせたフィラメントを使用して、任意の形状のリチウムイオンバッテリーを造形する技術を開発したと発表した。研究成果は、2018年9月18日付けの『ACS Applied Energy Materials』に掲載されている。

一般的なリチウムイオンバッテリーは円筒形か長方形の形状で、携帯電話などのデバイスを設計する際に、設計上の制約や空間の無駄が生じることが多い。

そこで研究チームは、低価格帯のFFF方式3Dプリンターを使用して、自由な形状のリチウムイオンバッテリーを造形する研究を行った。ところが、FFF方式フィラメントに使用されるポリ乳酸樹脂(PLA)はイオン伝導性がなく、そのままではバッテリーの電解質には使えない。この最大の課題を解決するため、研究チームはPLAに電解質溶液を注入してイオン伝導性を持たせた。さらに、アノードにチタン酸リチウムとグラフェンナノプレートレット、カソードにリチウムマンガン酸化物と多層カーボンナノチューブを使用することで、容量を確保した。

このリチウムイオンバッテリーを内蔵したLED付バングルを3Dプリンターで出力したところ、約60秒間点灯させることに成功したという。

研究チームによると、現段階のバッテリー容量は既製品に比べると約2桁低い。今後は実用化に向けて、材料の変更など性能の改善を行うとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る