新しいものづくりがわかるメディア

RSS


任意の形状のリチウムイオンバッテリーを造形できる3Dプリント技術を開発

米デューク大学の研究チームは、FFF(熱溶解積層)方式3Dプリンターとイオン伝導性を持たせたフィラメントを使用して、任意の形状のリチウムイオンバッテリーを造形する技術を開発したと発表した。研究成果は、2018年9月18日付けの『ACS Applied Energy Materials』に掲載されている。

一般的なリチウムイオンバッテリーは円筒形か長方形の形状で、携帯電話などのデバイスを設計する際に、設計上の制約や空間の無駄が生じることが多い。

そこで研究チームは、低価格帯のFFF方式3Dプリンターを使用して、自由な形状のリチウムイオンバッテリーを造形する研究を行った。ところが、FFF方式フィラメントに使用されるポリ乳酸樹脂(PLA)はイオン伝導性がなく、そのままではバッテリーの電解質には使えない。この最大の課題を解決するため、研究チームはPLAに電解質溶液を注入してイオン伝導性を持たせた。さらに、アノードにチタン酸リチウムとグラフェンナノプレートレット、カソードにリチウムマンガン酸化物と多層カーボンナノチューブを使用することで、容量を確保した。

このリチウムイオンバッテリーを内蔵したLED付バングルを3Dプリンターで出力したところ、約60秒間点灯させることに成功したという。

研究チームによると、現段階のバッテリー容量は既製品に比べると約2桁低い。今後は実用化に向けて、材料の変更など性能の改善を行うとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る