新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分の目に合った眼鏡が見つけられる——スマホで屈折力が測定できるレフラクトメーター「EyeQue VisionCheck」

目の屈折力を測定できるレフラクトメーター(屈折計)「EyeQue VisionCheck」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

EyeQue VisionCheckは、スマートフォンに装着して短時間のテストを実施することで、自分の目の屈折度数を測定できる屈折計だ。処方箋と同様のフォーマットで屈折度数を測定でき、自分の目に合った眼鏡をオンライン注文できる。

photo

使い方は専用アプリを立ち上げ、EyeQue VisionCheckを装着し裸眼の片方の目でスマートフォンの画面を見る。画面に現れるレッドとグリーンのラインが重なるまで本体のボタンを押して近づけ、重なったら「回転」ボタンを押してラインの角度を変える。複数回テストを繰り返せば、球面(Spherical)/円柱(Cylindrical)/軸(Axis)の各屈折力 の数値結果が出てくる。

photo

また、瞳孔間距離(PD:Pupillary Distance)を±1mmで測定できる眼鏡型のPD測定ツール「PDCheck」も用意しており、自分の目の位置に最適なデザインの眼鏡を見つけることができる。

photo

光源にはスマートフォンのディスプレイ光だけをフィルタリングして使っている。本体サイズは92×50×35mmで重さは約57g。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、Bluetooth通信に対応する。

photo

EyeQue VisionCheckの予定小売価格は70ドル(約8000円)で、今なら数量限定の早割価格40ドル(約4500円)で入手でき、3年間の無料メンバーシップが付属する。2019年3月の出荷を予定しており、日本への送料は20ドル(約2280円)だ。

EyeQue VisionCheckは、2019年1月下旬までクラウドファンディングを実施中。12月7日時点で、2万5000ドル(約285万円)の目標額を上回る約4万9000ドル(約550万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る