新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分の目に合った眼鏡が見つけられる——スマホで屈折力が測定できるレフラクトメーター「EyeQue VisionCheck」

目の屈折力を測定できるレフラクトメーター(屈折計)「EyeQue VisionCheck」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

EyeQue VisionCheckは、スマートフォンに装着して短時間のテストを実施することで、自分の目の屈折度数を測定できる屈折計だ。処方箋と同様のフォーマットで屈折度数を測定でき、自分の目に合った眼鏡をオンライン注文できる。

photo

使い方は専用アプリを立ち上げ、EyeQue VisionCheckを装着し裸眼の片方の目でスマートフォンの画面を見る。画面に現れるレッドとグリーンのラインが重なるまで本体のボタンを押して近づけ、重なったら「回転」ボタンを押してラインの角度を変える。複数回テストを繰り返せば、球面(Spherical)/円柱(Cylindrical)/軸(Axis)の各屈折力 の数値結果が出てくる。

photo

また、瞳孔間距離(PD:Pupillary Distance)を±1mmで測定できる眼鏡型のPD測定ツール「PDCheck」も用意しており、自分の目の位置に最適なデザインの眼鏡を見つけることができる。

photo

光源にはスマートフォンのディスプレイ光だけをフィルタリングして使っている。本体サイズは92×50×35mmで重さは約57g。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、Bluetooth通信に対応する。

photo

EyeQue VisionCheckの予定小売価格は70ドル(約8000円)で、今なら数量限定の早割価格40ドル(約4500円)で入手でき、3年間の無料メンバーシップが付属する。2019年3月の出荷を予定しており、日本への送料は20ドル(約2280円)だ。

EyeQue VisionCheckは、2019年1月下旬までクラウドファンディングを実施中。12月7日時点で、2万5000ドル(約285万円)の目標額を上回る約4万9000ドル(約550万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る