新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分の目に合った眼鏡が見つけられる——スマホで屈折力が測定できるレフラクトメーター「EyeQue VisionCheck」

目の屈折力を測定できるレフラクトメーター(屈折計)「EyeQue VisionCheck」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

EyeQue VisionCheckは、スマートフォンに装着して短時間のテストを実施することで、自分の目の屈折度数を測定できる屈折計だ。処方箋と同様のフォーマットで屈折度数を測定でき、自分の目に合った眼鏡をオンライン注文できる。

photo

使い方は専用アプリを立ち上げ、EyeQue VisionCheckを装着し裸眼の片方の目でスマートフォンの画面を見る。画面に現れるレッドとグリーンのラインが重なるまで本体のボタンを押して近づけ、重なったら「回転」ボタンを押してラインの角度を変える。複数回テストを繰り返せば、球面(Spherical)/円柱(Cylindrical)/軸(Axis)の各屈折力 の数値結果が出てくる。

photo

また、瞳孔間距離(PD:Pupillary Distance)を±1mmで測定できる眼鏡型のPD測定ツール「PDCheck」も用意しており、自分の目の位置に最適なデザインの眼鏡を見つけることができる。

photo

光源にはスマートフォンのディスプレイ光だけをフィルタリングして使っている。本体サイズは92×50×35mmで重さは約57g。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、Bluetooth通信に対応する。

photo

EyeQue VisionCheckの予定小売価格は70ドル(約8000円)で、今なら数量限定の早割価格40ドル(約4500円)で入手でき、3年間の無料メンバーシップが付属する。2019年3月の出荷を予定しており、日本への送料は20ドル(約2280円)だ。

EyeQue VisionCheckは、2019年1月下旬までクラウドファンディングを実施中。12月7日時点で、2万5000ドル(約285万円)の目標額を上回る約4万9000ドル(約550万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る