新しいものづくりがわかるメディア

RSS


試行錯誤を重ねてプログラミング的思考を育成——4足歩行ロボットキット「ファブウォーカー」

イーケイジャパンは、4足歩行のプログラミングロボットキット「ファブウォーカー」を2018年12月下旬に発売予定だ。

パーツ一覧

ファブウォーカーは、上手に歩く方法を試行錯誤しながら考える4足歩行ロボットだ。 骨格はレーザーカッターで加工された1枚板からなり、組み立てを通じてネジ止めや接着、結束などの工作テクニックを体験できる。

4本の足についてはキット内容に含まれておらず、ペンや歯ブラシ、小枝など、身近にあるものを足として選んで取り付ける仕組みだ。足に何を取り付けるかによって歩き方はさまざまに変化するため、意図した通りに歩くよう試行錯誤を重ねることで、プログラミング的思考を経験することを狙いとしている。

ファブウォーカー組み立て例

動力にはサーボモーター×2、電源にはアルカリ乾電池単3×2個を使用する。本体寸法は160×56×170mm、重量は約100g(足/乾電池含まず)。価格は6804円(税込)だ。

Palette IDEプログラミング画面

また、専用ソフトウェア「Palette IDE」による歩き方のプログラミングも可能だ。 カードを並べる要領でアイコンを並べることでプログラミングでき、ソフトウェアの操作もドラッグ&ドロップで可能な上、タッチパネルを使用したタブレット環境でも使用できる。

ソフトウェアは同社Webサイトからダウンロードできる。対応OSはWindows 7/8/8.1/10で、対応解像度は1280×720以上となる。転送方法はUSB2.0で、転送用ケーブルは本体に付属する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る