新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SDRを使ってハム仲間と遊ぼう——スペクトラム・テクノロジー、「Airspy HF+」と「遠隔モニタ装置」によるアマ無線の遊び方を提案

スペクトラム・テクノロジーが、アマチュア無線の新たな遊び方を提案している。「Airspy HF+」と、Raspberry Pi 3 model BにSoftEtherを搭載したVPNサーバー「遠隔モニタ装置」を、2018年12月11日より販売開始する。

photo

同社によれば、アマチュア無線は、災害発生時の連絡手段として重要性が増しているが、高齢化などの理由によりピーク時の3割にまで減少しているという。そこで今回、アマチュア無線とインターネットを併用した遊び方を提案し、ハム人口の増加に寄与したいとのことだ。

新たにアマチュア無線向けに発売するのは、Airspy HF+と遠隔モニタ装置。無線局をソフトウェアで構築するSDR(Software Defined Radio)とHF帯、VHF帯高性能スペクトラム・アナライザを使い、遠隔地にある無線局に設置したAirspy HF+と遠隔モニタにより、自局で送信した電波の音声やスペクトルをリアルタイムで確認できる。複数地点でモニタすることによる当日の電波状況を把握、遠隔地の受信レベルを見ながらの、送信側のビームアンテナの方向調整などに利用できる。複数のハム仲間同士でのモニタの共有や、グローバル公開が可能だ。

photo

Airspy HF+は、フロントエンド、アンテナ、モニタソフトから構成され、受信周波数帯が9KHz~31MHz, 60MHz~260MHz、受信感度が-140dBm、最大入力が10dBm。モニタソフトは、SDR#を使用し、価格は5万円。遠隔モニタ装置は、Raspberry Pi 3 model Bを使用し、ケース(白/黒/透明)、microSD 32GB(SoftEther VPN、Spy server搭載)から構成され、価格は3万円(いずれも税抜き)。サポートは、14日間無料だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る