新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実世界の情報を取得してウェブと連携——Idein、エッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」α版リリース

Ideinは、同社の画像認識技術などを活用したエッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」のα版をリリースした。

photo

Actcastは、画像認識技術によって取得した実世界の情報とWebと連携し、IoTシステムを構築、運用するためのプラットフォームだ。エッジデバイスにRaspberry Piを使用することで、ディープラーニングを活用した高度なIoTネットワークが安価に構築できる。認識モデルには同社があらかじめ用意したものが使用でき、今後はユーザー企業などが独自開発できるSDKも準備する予定だ。

photo

同プラットフォームでは、大量のデータ処理が必要な画像認識などをエッジデバイス上で実行するために、サーバーへ送る通信データ量が少量で済み、通信コストやサーバー費用を抑えることができる。さらに画像や音声そのもののデータがネットワーク上に流れないために、プライバシー情報保護などのセキュリティ対策にも優れているとしている。

α版はテストリリースという位置づけで、利用できるアプリケーションや管理できるデバイスの台数などに制限があるが、無料で利用できる。セキュリティ対策や店舗マーケティング、デジタルサイネージ、外観検査、在庫管理、インフラ監視などの用途を想定している。

今回、同プラットフォームを活用したビジネス開発を促進するために、開発中機能やSDKへの早期アクセスや、開発マイルストーンなどの情報提供などが受けられるパートナープログラムも実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る