新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実世界の情報を取得してウェブと連携——Idein、エッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」α版リリース

Ideinは、同社の画像認識技術などを活用したエッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」のα版をリリースした。

photo

Actcastは、画像認識技術によって取得した実世界の情報とWebと連携し、IoTシステムを構築、運用するためのプラットフォームだ。エッジデバイスにRaspberry Piを使用することで、ディープラーニングを活用した高度なIoTネットワークが安価に構築できる。認識モデルには同社があらかじめ用意したものが使用でき、今後はユーザー企業などが独自開発できるSDKも準備する予定だ。

photo

同プラットフォームでは、大量のデータ処理が必要な画像認識などをエッジデバイス上で実行するために、サーバーへ送る通信データ量が少量で済み、通信コストやサーバー費用を抑えることができる。さらに画像や音声そのもののデータがネットワーク上に流れないために、プライバシー情報保護などのセキュリティ対策にも優れているとしている。

α版はテストリリースという位置づけで、利用できるアプリケーションや管理できるデバイスの台数などに制限があるが、無料で利用できる。セキュリティ対策や店舗マーケティング、デジタルサイネージ、外観検査、在庫管理、インフラ監視などの用途を想定している。

今回、同プラットフォームを活用したビジネス開発を促進するために、開発中機能やSDKへの早期アクセスや、開発マイルストーンなどの情報提供などが受けられるパートナープログラムも実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  6. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  7. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  8. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  9. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  10. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る