新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりに携わる人のキャリアを拓く——第5回「3Dプリンター活用技術検定試験」申込受付を開始

コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、「第5回3Dプリンター活用技術検定試験」の申込受付を開始した。

同試験では、3Dプリンターの活用に必要な造形方法や材料、後工程、CADデータの取り扱いなどの知識を評価/認定する。

円滑なコミュニケーションを可能にする用語を提供し、3Dプリンター活用への指標を提示することにより、市場の活性化/人材育成支援が目的だ。

試験日時は2019年2月17日10:30~11:30。3Dプリンターを導入または導入を予定している製造業の社員、関連ベンダーやサービス提供企業の社員や、これらの企業に就職、転職を希望している学生や社会人が対象となる。 試験方法はマークシート形式による真偽方式および多岐選択方式(60問)。受験料は8000円(税別)だ。なお、試験科目は「3Dプリンターのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」となる。

試験対策用の公式ガイドブックも日経BPより発行されている。3Dプリンターの仕組みから利活用まで、身に付けておくべき必須の知識について幅広く解説しているほか、巻末には当該試験のサンプル問題とその解答を掲載している。B5判176ページで、定価は3000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る