新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりに携わる人のキャリアを拓く——第5回「3Dプリンター活用技術検定試験」申込受付を開始

コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、「第5回3Dプリンター活用技術検定試験」の申込受付を開始した。

同試験では、3Dプリンターの活用に必要な造形方法や材料、後工程、CADデータの取り扱いなどの知識を評価/認定する。

円滑なコミュニケーションを可能にする用語を提供し、3Dプリンター活用への指標を提示することにより、市場の活性化/人材育成支援が目的だ。

試験日時は2019年2月17日10:30~11:30。3Dプリンターを導入または導入を予定している製造業の社員、関連ベンダーやサービス提供企業の社員や、これらの企業に就職、転職を希望している学生や社会人が対象となる。 試験方法はマークシート形式による真偽方式および多岐選択方式(60問)。受験料は8000円(税別)だ。なお、試験科目は「3Dプリンターのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」となる。

試験対策用の公式ガイドブックも日経BPより発行されている。3Dプリンターの仕組みから利活用まで、身に付けておくべき必須の知識について幅広く解説しているほか、巻末には当該試験のサンプル問題とその解答を掲載している。B5判176ページで、定価は3000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る