新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりに携わる人のキャリアを拓く——第5回「3Dプリンター活用技術検定試験」申込受付を開始

コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、「第5回3Dプリンター活用技術検定試験」の申込受付を開始した。

同試験では、3Dプリンターの活用に必要な造形方法や材料、後工程、CADデータの取り扱いなどの知識を評価/認定する。

円滑なコミュニケーションを可能にする用語を提供し、3Dプリンター活用への指標を提示することにより、市場の活性化/人材育成支援が目的だ。

試験日時は2019年2月17日10:30~11:30。3Dプリンターを導入または導入を予定している製造業の社員、関連ベンダーやサービス提供企業の社員や、これらの企業に就職、転職を希望している学生や社会人が対象となる。 試験方法はマークシート形式による真偽方式および多岐選択方式(60問)。受験料は8000円(税別)だ。なお、試験科目は「3Dプリンターのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」となる。

試験対策用の公式ガイドブックも日経BPより発行されている。3Dプリンターの仕組みから利活用まで、身に付けておくべき必須の知識について幅広く解説しているほか、巻末には当該試験のサンプル問題とその解答を掲載している。B5判176ページで、定価は3000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る