新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

3D Printingは、Markforgedの金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を2018年12月から開始した。

Metal Xの最大の特徴は、Markforgedの新技術であるADAM(Atomic Diffusion Additive Manufacturing:原子拡散積層造形法)を使用していることだ。

金属粉を樹脂に閉じ込めたフィラメントを用いて造形し、ハーネスで焼結してパーツを作るという技術方式で、短時間で設計通りに高強度/高密度の金属パーツを造形できる上、従来の金属3Dプリンターに比べて10分の1という低コストで安全な金属3Dプリンティングが可能になるという。

従来の粉末レーザー積層法(SLS法)と比べ、ADAM方式では金属粉末を樹脂に閉じ込めたフィラメントを使用して造形するため粉末が飛び散らず、粉塵爆発の心配もなく安全に使用できる。粉末を使用する場合には造形の段取りに半日から1日かかるが、Metal Xで用いるフィラメントでは5分程度しかかからないという利点もある。

またADAM方式では、ある程度の傾斜までサポート不要で造形可能なため、パーツ内のインフィルやラティス構造を完全密封して造形できる。これにより、パーツを軽量化できる。

最大ビルド容積は300×220×180mm、最小積層ピッチは50μm。最大パーツサイズ/重量は250×183×150mm、10kgだ。

プリンター本体のサイズは575×467×1120mm、重量は75kg。使用可能な材料は17-4ステンレス鋼、マレージング鋼 (H13、A2、D2) 、チタン(Ti-6Al-4V)、インコネル625、銅、アルミニウム(6061、7075) となる。

ソフトウェアはEigerクラウドベースに加え、ローカルストレージ版/完全オンプレミス版の3種類を用意する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る