新しいものづくりがわかるメディア

RSS


陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」

フィラメントの代わりに陶土を使ってプリントできるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」がKickstarterに登場し、人気を博している。エクストルーダー機構のみでも購入でき、Ultimaker、Prusa i3、MoozなどのFFF方式の3Dプリンターで使うことができる。

photo

CERAMBOTは、基本的にエクストルーダー機構以外は普通のFFF方式のデルタ型3Dプリンターと同様の構造で、フィラメントの代わりに陶芸などに使われる粘土を押出して造形する3Dプリンター。搭載するエクストルーダー機構によって、「CERAMBOT Pro」と「CERAMBOT Air」の2つのバージョンがある。

photo

CERAMBOT Proに搭載されるエクストルーダー機構「Pro Extruder Kit」は、粘土の送り込みをステップモーターとウォームギアで行う。一般的なセラミック3Dプリンターで必要とされるエアーコンプレッサーが不要なため、CERAMBOT Proを購入すればすぐに使うことができる。

これに対し、CERAMBOT Airに搭載のエクストルーダー機構「Air Extruder Kit」では、外付けのエアーコンプレッサーを使って粘土の送り込みを行う。CERAMBOT Airにはエアーコンプレッサーは付属しておらず、0.6MPaのコンプレッサーを別途用意する必要がある。

photo

エクストルーダー機構のみの購入もでき、「Ultimaker」、「Prusa i3」、「Flashforge」などのFFF方式の3Dプリンターで使うことができる。

photo

CERAMBOTの大きさ(直径×高さ)は350×750mm、造形サイズは170×285mm、解像度は100μm。ノズル径は0.8~2mm。造形速度は5~50mm/秒。

photo

スライサーとしては「Cura」、「Slic3r」、「Repetier-Host」などが使える。陶芸用などの粘土を使って3Dプリントした後の作業は、一般の陶芸と同じだ。粘土は特に指定されていない。

CERAMBOT Proの早期割引価格は329ドル(約3万7000円)。出荷は2019年4月の予定で、日本への送料は60ドル(約6800円)。CERAMBOT Airの早期割引価格は199ドル(約2万3000円)。出荷は同じく2019年4月の予定で、日本への送料は55ドル(約6200円)だ。

エクストルーダー機構の早期割引価格は、Pro Extruder Kitが129ドル(約1万4000円)で、日本への送料は25ドル(約2800円)。Air Extruder Kitは69ドル(約7700円)で、日本への送料は15ドル(約1700円)だ。

photo

CERAMBOTは2019年1月12日までクラウドファンディングを実施するが、2018年12月17日時点で目標の1万ドル(約110万円)を大きく上回る約22万ドル(約2500万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る