新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」

ラトックシステムは、Raspberry Piと接続し、シリアル通信を使った計測/制御が可能なRS-232C、RS-485/422Aシリアル拡張ボード「RPi-GP60」を、2018年12月下旬に発売する。

マルチドロップで接続した例

同ボードをRaspberry PiにGPIO(I2C)接続することで、FA現場における機器(PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラー)の制御や、各種測定器を使った計測ができ、アナログ/デジタルでの入出力が可能となる。

また、同社のRaspberry Pi CM3キャリアボード(RPi-CM3MB2/-PoE、RPi-CM3MB3)に導入することで、さまざまなシリアル通信環境への対応が可能だ。

シリアルポートは用途に合わせてRS-232、RS-485/422と変更できる。RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232とRS-485/422をそれぞれ1ポートずつ使用する場合も設定可能だ。

ポート設定は、基板上のジャンパーを切り替えるだけで変更できる。切り替えはそれぞれRS-232⇔RS-485/422(2/4)、終端設定(TERM)、半二重/全二重設定(F/H)の変更が可能だ。

アイソレーションには、シリアル入出力側とGPIO40PIN間を電気的に分離絶縁する「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力(低発熱)で実装面積を小さくできる利点があり、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現する。

外形寸法は約65×56mm(突起部含まず)、重量は約28g(本体のみ)。価格は2万1800円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る