新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」

ラトックシステムは、Raspberry Piと接続し、シリアル通信を使った計測/制御が可能なRS-232C、RS-485/422Aシリアル拡張ボード「RPi-GP60」を、2018年12月下旬に発売する。

マルチドロップで接続した例

同ボードをRaspberry PiにGPIO(I2C)接続することで、FA現場における機器(PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラー)の制御や、各種測定器を使った計測ができ、アナログ/デジタルでの入出力が可能となる。

また、同社のRaspberry Pi CM3キャリアボード(RPi-CM3MB2/-PoE、RPi-CM3MB3)に導入することで、さまざまなシリアル通信環境への対応が可能だ。

シリアルポートは用途に合わせてRS-232、RS-485/422と変更できる。RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232とRS-485/422をそれぞれ1ポートずつ使用する場合も設定可能だ。

ポート設定は、基板上のジャンパーを切り替えるだけで変更できる。切り替えはそれぞれRS-232⇔RS-485/422(2/4)、終端設定(TERM)、半二重/全二重設定(F/H)の変更が可能だ。

アイソレーションには、シリアル入出力側とGPIO40PIN間を電気的に分離絶縁する「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力(低発熱)で実装面積を小さくできる利点があり、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現する。

外形寸法は約65×56mm(突起部含まず)、重量は約28g(本体のみ)。価格は2万1800円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る