新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」

ラトックシステムは、Raspberry Piと接続し、シリアル通信を使った計測/制御が可能なRS-232C、RS-485/422Aシリアル拡張ボード「RPi-GP60」を、2018年12月下旬に発売する。

マルチドロップで接続した例

同ボードをRaspberry PiにGPIO(I2C)接続することで、FA現場における機器(PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラー)の制御や、各種測定器を使った計測ができ、アナログ/デジタルでの入出力が可能となる。

また、同社のRaspberry Pi CM3キャリアボード(RPi-CM3MB2/-PoE、RPi-CM3MB3)に導入することで、さまざまなシリアル通信環境への対応が可能だ。

シリアルポートは用途に合わせてRS-232、RS-485/422と変更できる。RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232とRS-485/422をそれぞれ1ポートずつ使用する場合も設定可能だ。

ポート設定は、基板上のジャンパーを切り替えるだけで変更できる。切り替えはそれぞれRS-232⇔RS-485/422(2/4)、終端設定(TERM)、半二重/全二重設定(F/H)の変更が可能だ。

アイソレーションには、シリアル入出力側とGPIO40PIN間を電気的に分離絶縁する「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力(低発熱)で実装面積を小さくできる利点があり、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現する。

外形寸法は約65×56mm(突起部含まず)、重量は約28g(本体のみ)。価格は2万1800円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る