新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」

ラトックシステムは、Raspberry Piと接続し、シリアル通信を使った計測/制御が可能なRS-232C、RS-485/422Aシリアル拡張ボード「RPi-GP60」を、2018年12月下旬に発売する。

マルチドロップで接続した例

同ボードをRaspberry PiにGPIO(I2C)接続することで、FA現場における機器(PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラー)の制御や、各種測定器を使った計測ができ、アナログ/デジタルでの入出力が可能となる。

また、同社のRaspberry Pi CM3キャリアボード(RPi-CM3MB2/-PoE、RPi-CM3MB3)に導入することで、さまざまなシリアル通信環境への対応が可能だ。

シリアルポートは用途に合わせてRS-232、RS-485/422と変更できる。RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232とRS-485/422をそれぞれ1ポートずつ使用する場合も設定可能だ。

ポート設定は、基板上のジャンパーを切り替えるだけで変更できる。切り替えはそれぞれRS-232⇔RS-485/422(2/4)、終端設定(TERM)、半二重/全二重設定(F/H)の変更が可能だ。

アイソレーションには、シリアル入出力側とGPIO40PIN間を電気的に分離絶縁する「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力(低発熱)で実装面積を小さくできる利点があり、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現する。

外形寸法は約65×56mm(突起部含まず)、重量は約28g(本体のみ)。価格は2万1800円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る